約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せの枠を広げる
幸せをある程度つかむことが出来ると、何となくこんなもので良い
かな?と思ってしまうことってありませんか?

最高の幸せをつかみたいと思いつつも、70%ぐらいが手に入ると、
70%ぐらいで、何となく満足してしまう。それ以上望んではいけな
い。これ以上を望むためには、大変な努力が必要に感じたり。

などと、理由はいろいろあると思います。
こんな時に、心の中では幸せの枠が出来てしまっているんです。

私たちは子供時代に、『わがまま言ってはいけません!』などと躾
けられたりします。子供時代には、あれもこれもと心は膨らんで行
きますが、多くを望むことはいけないことだと学習してしまいます。

あるいは、自分の行動の結果、上手く行かなかった経験などから、
「高望み」したからじゃないかと思ってしまったりするかもしれません。

こんな風にして私たちは、自分の幸せを「ある程度」の枠で囲って
しまうのです。枠で囲ってしまうと、枠で囲った範囲内の幸せしか
手に入らなくなってしまいますから、もったいないですよね。

そこで、この枠をはずして、自分が本当に手に入れられるだけの、
フリーな状態に戻して見ることが大切になってきます。

この枠を持っている時には、私たちはこんな風に考えたりします。
『この色は私には合わないな。』
『こんな仕事は私には無理かな。』

などと、『合わない(似合わない)『出来ない』『無理』『いつか・・・』
『まだ早いかな』と言う自分に与えられる価値やチャンスを否定し
たり、先送りにするような言葉を無意識に使ってしまったりします。

自分自身でこのぐらいの幸せが似合っているかな。と枠付けをし
てしまうんですね。

そこで、これらの言葉をこんな風にしてみるとどうでしょうか。
『この色は私に似合うのかも。』
『こんな仕事私に出来るかも。』

この色が私の前に提示されたと言うことは、似合う可能性がある
と言うことですよね。

この仕事が回ってきたのは、私には難しそうだったり、厄介だけど、
きっと出来ると思ってくれたから、回ってきたのかもしれません。

そんな風に思ってみると、先に枠を作ってやめてしまおうと思って
いた時に比べると、『可能性』が大きく広がっていませんか?

出来る出来ない(合わない)を先に自分で決めてしまうよりも、
めぐってきたチャンスに乗ってみる。
と言うことが、幸せの枠を広げることにつながってくるんですね。

チャンスがやってきたと言うことは、あなたに幸せになるチャンスが
やってきていますよ。と言うことでもあるのですから。
ぜひ、その波に乗って幸せを広げてみてくださいね。

渡辺晴美のプロフィールへ>>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。