約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「無」になる時間を作る
何か見たい番組がある訳でもないけれどとりあえずTVをつけてし
まう。
PCを立ち上げてついついネットサーフィンをしてしまう。
手持ち無沙汰な時間があればついついケータイでメールやネット。
そんなことありませんか?


毎日毎日、私達は非常に多くの情報に触れています。
もちろんそれが悪い訳ではありませんが、常に情報の波に押し流さ
れていると、時に情報に踊らされてしまうことがあります。本当に
自分に必要かどうか?それが自分らしいかどうか?よりも「みんな
そうだから」という基準に流されて自分を見失ってしまうことがあ
ります。
また普段多くの情報の中で生活していると、その情報を処理する為
に頭の中が高速回転になり、整理しきれない思考や感情で心が溢れ
てしまいます。


そんな時、自分自身を見つめたり、自分を取り戻すのに有効なのが
「0(ゼロ)」になることです。


昨年プチ体験ですがお寺で坐禅を体験する機会がありました。
その中でも気にいったのが「数息観」という方法。
坐禅を日常に取り入れるのは難しそうですが、この数息観は椅子に
座っても、お風呂の中でも、はたまた布団の中で眠りにつくまでに
でも、もちろん座布団の上であぐらを組んでも、気持ちや思考をリ
セットして「0」つまり”無”の感覚に近づく事が出来ます。


方法はいたってシンプルです。
まず椅子でも座布団の上でも布団の中でも背筋を伸ばし、肩の力を
抜くようにします。
肩を落として両手はお腹の前で軽く組みます。
そして目は閉じるのではなく、自分の鼻の頭を見るような感じで
1メートルくらい先をぼんやりと見ます。
呼吸は腹式呼吸でおへその下辺り(丹田)にまで空気が入るような
イメージで行います。
ここで大切なのは息を吸うほうではなく、しっかり吐ききる事です。
そして、吸う+吐くのセットを1つとして、入る息、出る息のどち
らでも良いので片方の息を1から10まで数える。10まで数えたらま
た1から始める。
これを延々と繰り返すだけです。


それでも最初はなかなか10まで数えられなかったりします。
数えることに必死になって体に力が入ることもあります。
ついほかの事を考えてしまい数が分からなくなったりします。
面白いものです。
大切なのはそこで諦めないこと。
慣れてくれば、自分の呼吸にだけ意識が行くようになり、もっと進
めばその呼吸すらも気にならなくなってきます。
その時、あなたの心は心地よい静寂に包まれますよ。


成井 裕美のプロフィールへ>>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。