約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時間がかかるかもしれないけれど
何かを決めたり、始めたりすると、その結果をどうしても早く欲しいと思って
しまうのは、人の常ですね。そして、その中には比較的結果が出やすいものと
出にくいものがありますね。結果が出やすいもの、わかりやすいものは良いの
ですが、出にくい場合はどうすればよいので1しょう?


10・目的地(目標)をもう一度確認してみる
・やり方をもう一度確認してみる


これが必要ですね。しかし、それ以外にもポイントがあります。
それは、「皆が気が付いていないけれど、自分だけが気が付いていること」
もしくは「気が付いてはいるけれど、誰もやろうとしないこと」の場合です。


例えば、職場で、感情的になってすぐに怒鳴る上司がいたとします。みんな
「イヤだなあ」とは思っても、毎日そういう場面に遭遇すると、いつの間にか
自分も大声を出したり、キツイもの言いになってしまうことがありませんか?
相手が夫や妻、恋人であっても同じですね。顔を合わせれば喧嘩ばかりしてい
るカップルなど。どこかで「いけない」とは思いつつも、やってしまうんです
ね。流されてしまうというか...


そして、そんな状況を打開しようとして、あなたは決心します。「この関係
(環境)を私が変えていこう」。


ただし相手がいることですから、なかなかあなたの思うようには事は運んで
いかないかもしれません。むしろ、その方が多いかも知れない。


でも、そこで諦めないでください。
「努力なんてしたって、駄目じゃないか」と、投げ捨てないで欲しいのです。
状況が変わらないのには、変わらないなりの理由があります。そして、それには
時間がかかるかもしれないのです。あなたが思った以上の。


極端な場合、あなたがやり尽くしても変わらず、「もういいや」とその場から
去った後、初めて相手はあなたの真心に気が付くかもしれません。いなくなっ
て初めてわかる有難さ、とでもいうのでしょうか。それはあなたが一生懸命耕
した土、撒いた種から、初めて芽が出るようなものかもしれません。


たとえその場ですぐに芽が出なかったとしても、あなたのしたことは確実に相
手に影響を与えます。そして必ず芽が出ます。花が咲きます。そんな行為こそ
が偉大なのではないでしょうか(仏教でいう陰徳ですね)。


結果にこだわらず、自分を信じて、淡々とあなたが歩いた道を、きっと何人も
の人が後から歩いてくることでしょう。


高木 美歩のプロフィールへ>>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。