約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オトナなハグのススメ
私達は心のどこかで常に「親密感」を求めていて、その感覚を感じられると、
深い安心感と、ここに居てもいいという居場所と、そして、愛情や信頼などの
様々な思いが次から次へと湧き上がってきます。

そのため、心理学には「親密感はすべてを癒す」という格言があるくらいで、
ヒーリングという観点でも、この親密感をどう作り出すのか?というのは私達
にとっては大切なテーマです。


そんな親密感を簡単に、そして、シンプルに味わえるのが「ハグ」という習慣。
日本人は恥ずかしくてほとんとしないんですが、海外に行けば、ごくごく自然
に交わされる“挨拶”ですよね。
その様子を羨ましく思う日本人も本当は少なくないのかもしれません。

この点、「温泉に入るのは凄く恥ずかしがるのに、ハグには抵抗のないアメリ
カ人」と凄く対照的で面白いものです。


でも、このハグ。子どもが親に甘えるような思いでしてしまうと、ベタッとし
た感じがしてしまい、あまり効果(=親密感)は得られないんです。

そういう時は安心するけれど「もっともっと」という気持ちになりますから、
離れると、寂しくなってまた欲しくなるし、何度も繰り返さないといけなくな
ります。


だから、甘えや寂しさを満たす、自分本位奈気持ちではなく、対等な気持ち、
あるいは信頼や尊敬の心を込めて交わすのが、本来なんだと思うんです。
だって挨拶ですし、自分自身の愛情を表現する方法ですから。


そういうハグができると、愛情・友情だけでなく、その存在に感謝するような
「与える気持ち」が芽生えてくるんですね。

そうすると、心にしっかりと軸が出来たような、土台ががっちり固まるような、
そんな感覚がするんです。

ぜひ、そんな大人のハグをぜひ味わってみてください。

まずは、パートナー、あるいは、近しい友人から。
はじめは恥ずかしいけれど、ちょっとやってみると、心や体にグッと来る感覚
とハッピーな気持ちがすごく味わえるはずです。

これを読まれた方、ぜひ、今日中にまずは一人とチャレンジしてみては?


根本裕幸のプロフィールへ>>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。