約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日はこんな日にしよう
カウンセリングで、よくお聞きするお話に、「ただ、なんとなく毎
日が過ぎてしまい、これでいいのかなと不安になる」「やろうと思
っていることはあるのだけれど、気が付くと全然できていない。こ
んな自分が嫌になる。」というのがあります。

一日一日に、満足できたら、どんなに良い気分でしょう。


そこで、お伝えしたいのが、前の日のうちに、「明日はこんな日に
しよう」と少しだけ思い描いておく方法です。

一晩寝た次の朝からスタートする一日を、どう過ごすのか、簡単に
イメージし、軽く決めておくのです。

思い浮かべるのは、決まっているスケジュール、お天気や気温とい
った自分を取巻く環境や状況です。
そして一つだけ「これをやりたい」と思うことを意識しておきます。
やりたいことに、およそ何時間かかるかも予想しておきます。
短時間で、ささっと、軽く決めます。

例えば、日曜日を前にして、一箇所出かけるところがある、晴れて
暑くなりそう、と思い浮かべます。
そして「数時間かかりそうな課題を、ぜひ明日中に仕上げてしまお
う」と決めたとします。

すると、次の日の朝、普段より早く目が覚めたりします。そんな時
は、自然な目覚めに身を任せ、起床してしまうとよいでしょう。

暑い日だけれど、課題をやってしまいたいと思っているので、朝の
涼しいうちに、お出かけの用事を済ませたくなります。帰宅すると
夜までの時間は、課題に集中できるというわけです。


私たちは、無意識的に自分のスケジュールを調整しているのではな
いでしょうか。やりたいことができるように、目覚める時間さえも
自分で調整しているのではないでしょうか。

無意識的なスケジュール調整の結果、いつもより早く目覚めている
時、いつもの時間じゃないからと、また寝てしまったりすると、実
は、自然なスケジュールを乱すことになるのかもしれませんね。


とてもシンプルな、時間も手間もかけない方法なので、次の日が思
った通りにいかない場合でも、大して気にはならないでしょう。

どちらかというと、今までよりは物事がスムーズに運んでいる感じ
がして、気持ちが軽くなることでしょう。


みなさまにとって、明日が満足のいく一日でありますように。


黒石久美子のプロフィールへ>>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。