約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココロの体感温度をあげて、幸せ力UP!
寒い季節になると、何だか人恋しくなるのは何故なのでしょう?

寂しいと「心が寒い」なんて言ったりしますが、実は本当に私達が
寂しさを感じる時には、体感温度が下がっているらしいのです。
カナダのトロント大学の心理学者がこんな実験をしました。

***
学生65名を2つのグループに分けて部屋に入れる。
1番目のグループには、仲間外れにされたときのことを思い出させ
た。
2番目のグループには、仲間に加わっているときのことを思い出さ
せた。
その思い出している途中で、メンテナンスの担当者から空調の故障
として学生に「室温が何度くらいか?」を質問した。

実は室温は常に一定。
しかし寂しい感情を思い出した人は、社会的に支えられている感覚
を思いだした人より、答えた室温が低かった。
***

つまり寂しい気持ちを感じている時に、私達は心だけでなく、体感
的にも「寒さ」を感じているという事が発見されたのです。
この実験のポイントは「私たちが心で感じること、体で感じること、
頭で考えることがすべてつながっている」と言う事です。

という事は逆に言えば、私達が誰かとの繋がりや愛情を感じて、心
がほっこりしている時には、体感温度が上がっているのかもしれま
せん。
最近良く「体温が1度上がると、免疫力が5倍UPする」なんて言わ
れていますが、私達にとって”心のほっこり感”をうまく使うと、
寂しさとは反対の安心感や、満足感、充足感で満たされ、幸せ力を
UP!させることが出来るかもしれません。

そこで今回お勧めするエクササイズは「誰かの事を思って手紙を書
こう!」です。

日本には「年賀状」という素敵な習慣があります。
最近は郵便ではなくメールなどで新年の挨拶をする事も多いですが、
・相手の事を大切に思う
・その人との出会いに感謝する
・お世話になった事を感謝する
・相手の幸せを願う
という”愛情”は、媒体がなんであれ普遍的なのかもしれません。

しかし、それは「新年の挨拶の時しかやってはいけない」なんて事
はないのです!
だからこそ、今日からでもできるのです。
温かい飲み物を飲んで温まりながらそのエクササイズに取り組むと、
更にほっこり感を感じやすくなるかもしれませんね。

成井裕美のプロフィールへ>>>

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。