約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私達が帰りたくなる場所。
あるバーに行って仲間と話をしながらお酒を飲んでいたら、そこに
居るだけでエネルギーが充填されていくような、疲れが解放されて
いくような、そんな気持ちがやってきました。

「ここだな」という実感が嬉しいんです。
こういう場所があるのは幸せです。


でも、誰にでも自分が安心できる場所、エネルギーを補充できる場所、
というのは持っているものだと思うのです。


究極は母体回帰といってお母さんの子宮の中。
そこはあたたかくて、絶対的に安心できる場所の象徴。

そして、生まれてからは無意識のうちにそういう場所を探します。
小さいころ、押入れの暗闇に安心感を覚えて方、いませんか?
布団にもぐって丸くなるの好きな方、いらっしゃいませんか?
狭くて窮屈なダンボール、好きじゃなかったですか?
今も抱き枕や毛布に絡み付いて眠ったりしていませんか?

そういうものはまさに子宮の中への回帰欲求の表れなのです。


それが転じて私の場合は薄暗いバーになっているのかも・・・。

さて、あなたの周りにある“子宮”はどこでしょうか?


根本裕幸のプロフィールへ>>>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。