約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「終わり」を決める
もし、今あなたに何か悩みや解決したい問題があるとしたら、「終
わり」を決めてみるといいかもしれません。


終わりを決めることで、その時までに終わるように、心が勝手に終
わるための準備を始めます。


“終わり”、“区切り”、“〆切”、“Xデー” etc.
呼び方は何でもいいのですが、“終わり”の期限を設定してみまし
ょう。


1週間後でも、1ヶ月後でも、3ヶ月後でも、いつでもいいのですが、
“終わり”を決めたとしたら、どんな気分になるでしょうか?


気が楽になる人もいれば、と焦りが出てくる人いれば、絶望を感じる
人もいるかもしれません。


その気持ちの種類はともかく、何か、心が動くんですよね。
その心の動きというのを利用して、それを終わらせちゃうのです!


終わりが近づいてくると「やばい~っっ!」とおしりに火がついた
ような状態になり、心は大騒ぎの状態になるかもしれません。


その時がチャンスなのです!
その状態こそが、自分の限界や自分という枠を越えやすい状態なの
です。


そうして自分を越える準備ができた時、思ってもみなかった力が発
揮されたり、思ってもみないラッキーやインスピレーションがやっ
てきたりします。


このハッピーライフの秘訣は、ハードに感じるかもしれません。


本当は、その秘められた力やラッキーやインスピレーションは、そ
こまで自分を追い込まなくても、元々あなたが持っているものです
し、そこまで自分を追い込まなくても、受け取ることができます。


本当は、今のあなたが今のあなたのままで「終わらせる!」と決め
た瞬間、それは、終わります。


あなたには、それを終わらせるだけの力があります!!!


もう、弱くて無力でダメな自分を、今日で「終わり」にしませんか?


木村祥典のプロフィールへ>>>
スポンサーサイト
迷ったら何かしてみよう
何かをするか、止めるか、迷い始めると迷っているだけで疲れてし
まうこと、ありませんか?
私は迷った末に、あーもうめんどくさい、やめちゃえ、なんてこと
もありました。挙句の果てに止めてしまい、何もしていない自分に
うんざりしてしまったこともあります。

今では、何もしないより、失敗体験でも、恥ずかしい体験でも、手
ごたえが感じられる体験をした方がいいなと思うようになり、迷い
始めたら何かしてみることにしています。


例えば、習い事を始めようかどうしようかと迷っているとします。
ここでワクワク、ドキドキできれば迷わないのですが、迷っている
時は、悶々として色んな考えが頭の中を行き来します。
お金がもったいないかな、疲れちゃうんじゃないかな、気の合う人
に出会えるだろうか、私にできるかな、もっと意義のある時間の過
ごし方が他にあるのではないかな、講師は大丈夫かなあ・・・等々。
起きてもいないことをあれこれ想像しては、決断の決め手を探すこ
とにエネルギーを使ってしまいます。

一生懸命考えているつもりでも、考えが及ばないところはいっぱい
あって、実際にやってみると、また別の世界が体験できます。

習い事に通ったら、これまでの人生では出会ったことがないタイプ
の人とお話をする機会があって、カルチャーショックを受けたり、
仕事では上司として尊敬されているのに、習い事では初心者として
失敗を繰り返し、恥をかきながら、手取り足取り教えてもらう体験
をしていたり、おもしろみのない講師を見て、これなら自分にも講
師ができるぞ!と一念発起したり。


「石橋を叩いて渡る」という言葉がありますね。
物事に慎重に臨み、リスクを最大限回避し、確実に成功させなけれ
ばならない時、助けになってくれる言葉ですね。
でも、日常生活には、そんな大げさなリスクはあまり無く、大概の
場面では、ほぼ安全だと言えるでしょう。

何かをやってみると、失敗してショックを受けたり、恥をかいて居
心地が悪かったりするとしても、何もしないより、自分に帰って来
るものがあります。
何もしなかった自分にうんざりしているより、泣いたり、笑ったり
怒ったり、飛び上がって喜んだり、心が動く体験が有った方が、豊
かな毎日になるのではないかなと思います。


今、考えてばかりだな、ここしばらくずっと迷っているな、と感じ
たら、考えの中から一歩外に出て、「何かしてみる」というのは、
いかがですか?


黒石久美子のプロフィールへ>>>
あなたの才能を知ろう
あなたは自分の才能を知っていますか?
才能と言うと特別な人がもっている特別な能力というイメージを思
い浮かべる人も少なくないと思います。
才能というのは特別な人にだけではなく全ての人が持っている物な
んです。


才能は本人にとって当たり前のようにできることや、あるものが多
いため、本人がそれを才能だとは気づきにくいものなんですね。


例えば、自然な気遣いが上手な人っていますね。
言葉遣いや、行動に他者への心配りや、配慮があり『いいな~』
『やさしいな』と思わせるような人です。


本人は頭をフル回転させて考え抜いてやっているわけではなく、自
然とやっていたりするんです。
特別なことではなく自然にできることなんですね。


自然な気遣いが上手にできる人にとっては、『こうしてあげたほう
がいいのでは?』と自然と気付いたことをやっているだけなので、
本人的には、これが才能と気付きにくいんですね。


しかし、人によっては、そんな自然な気遣いができるような人にな
りたいと思って何冊も本を読んだり、気遣いが上手になれるような
セミナーにいくなどの努力をしている人もいます。


本人的に自然にできること、普通にできること、当たり前にできる
ことは、それが自分に持っている才能だとは気づきにくいんですね。


しかも本人にとっては当たり前のようにできることなので、人によ
っては他者から「気遣いができていいよね」と褒められても、「そ
んなのたいしたことないよ」「誰でもできることだよ」と思ってし
まうこともあるでしょう。


こう思ってしまうと自分の才能に気付きにくくなります。
できれば他人から褒められた時は、自分の長所なんだなと素直に受
け取りたいものです。


自分の才能に気付けるとその才能をどういう風に使おうかと考える
ことができます。
逆に言うと知らないとどういう風に使おうかは考えられないですよ
ね。
「私の才能は気遣いができるところだから、この気遣いを活かして
今日のコンパで大成功を勝ち取ろう!」というように(笑)


あなたが当たり前にできていることを、『もしかして、これって私
の才能なのかも?』と疑ってみる目を持ってみませんか?v


原 裕輝のプロフィールへ>>>
本当に欲しいもの”をイメージしよう!
よく「紙に願いを書けば叶う!」「なりたい自分や欲しいものをイ
メージしやすい写真をはるといい!」などと言われます。
それを受けて実際に
・年収1000万以上稼ぐ!
・ダイエットをする!
・海外旅行に行く!
・結婚する!
などなど、色々掲げてみたけれども結局何も叶っていない・・・。
毎年同じ事を願っているような気がする。なんて事はないでしょう
か?


それは、あなたが「本当に欲しいもの」ではないからかもしれませ
んよ。
そう言ったら信じてくれますか?


「いやいや。本気でそれが欲しいんだよ!」「ずっとそれを求めて
いるんだよ!」
そうあなたは思うかもしれません。
問題は「それを叶えたい!」という気合が足りないとか、行動が足
りないとかではなく、
『いかに、そうなった時の自分をイメージ出来ているか?』
なのです。


例えば年収であれば、希望年収は夢の終わりではなく、あくまでも
夢を実現する為の手段に過ぎないのです。
それだけのお金があった時に自分はそれを何に使いたいのか?
それだけ年収がある自分は一体どんなものの考え方をして、どんな
振る舞いをしているのか?
その先にあなたが”本当に欲しいもの”があります。


ダイエットも同じです。
体重が1キロ減れば幸せが1キロやってくる訳ではありません。
やせてどんな自分になりたいのか?やせたら何をしたいのか?やせ
た先にはどんな自分が待っているのか?
そこにあなたが”本当に欲しいもの”があります。


願望や夢が叶った時の自分の姿やその時の感情がイメージできる内
容で目標を立ててみましょう。
もし、自分にとってあまり具体的にイメージ出来なかったとしたら
、それはもしかしたら「あなたが欲しいもの」ではなく、「周りの
人がそれを望んでいるから」とか「一般的にそれが良しとされるか
ら」という偽りの願望なのかもしれません。


あなたが”本当に欲しいもの”はなんですか?


成井裕美のプロフィールへ>>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。