約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「本気」を取り戻す
私達は、子供から大人になる過程で、様々なものを身につけていく
一方で、失っていくものもあります。


知らなかったことを知り、できなかったことができるようになるこ
とで、それと引き換えに、無邪気さや創造性、感情表現などといっ
たものを失ってしまうことがあります。


そうした、子供の頃は誰もが持っていたけれど、大人になるにつれ
て失われていくものの一つに「本気」というものがあります。


この「本気」をもう一度取り戻すことで、今よりもう少し毎日を輝
かせることができるようになります。


私達が「本気」を失ってしまうのは、「本気」を出しても望みを叶
えることができなかった時に傷ついてしまうからです。


私達は成長するにつれて、もうこれ以上傷つかないようにするため
に、本気を出して自分の全てを捧げるということをしないようにな
っていきます。


「本気」を出さずに何かをやると、失敗しても「本気出してなかっ
たから」という言い訳をすることができます。
そして、本気を出してもうまくいかなかったという痛みを感じない
で済みます。


でも、そんな言い訳をしている自分を嫌ってしまったり、「もっと
ああしておけばよかった」といった後悔の気持ちが出てきます。


「本気」を取り戻すことで、たとえ頑張った結果うまくいかなかっ
たとしても、「今の自分にできるだけのことはやった」と自分を認
めてあげることができます。


できるだけのことをやっているので、できるけれどやらなかったこ
と、やっていなかったことについて後悔することがなくなります。


少しの勇気で「本気」を取り戻すことで、イキイキした感じや充実
感のある日々、そして自分を大切にできる日々がやってきます。


それより何より、「本気」になれるものがあることや、「本気」に
なってやっているその時間を「幸せ」と呼ぶのかもしれませんね。


木村祥典のプロフィールへ>>>
スポンサーサイト
明日はこんな日にしよう
カウンセリングで、よくお聞きするお話に、「ただ、なんとなく毎
日が過ぎてしまい、これでいいのかなと不安になる」「やろうと思
っていることはあるのだけれど、気が付くと全然できていない。こ
んな自分が嫌になる。」というのがあります。

一日一日に、満足できたら、どんなに良い気分でしょう。


そこで、お伝えしたいのが、前の日のうちに、「明日はこんな日に
しよう」と少しだけ思い描いておく方法です。

一晩寝た次の朝からスタートする一日を、どう過ごすのか、簡単に
イメージし、軽く決めておくのです。

思い浮かべるのは、決まっているスケジュール、お天気や気温とい
った自分を取巻く環境や状況です。
そして一つだけ「これをやりたい」と思うことを意識しておきます。
やりたいことに、およそ何時間かかるかも予想しておきます。
短時間で、ささっと、軽く決めます。

例えば、日曜日を前にして、一箇所出かけるところがある、晴れて
暑くなりそう、と思い浮かべます。
そして「数時間かかりそうな課題を、ぜひ明日中に仕上げてしまお
う」と決めたとします。

すると、次の日の朝、普段より早く目が覚めたりします。そんな時
は、自然な目覚めに身を任せ、起床してしまうとよいでしょう。

暑い日だけれど、課題をやってしまいたいと思っているので、朝の
涼しいうちに、お出かけの用事を済ませたくなります。帰宅すると
夜までの時間は、課題に集中できるというわけです。


私たちは、無意識的に自分のスケジュールを調整しているのではな
いでしょうか。やりたいことができるように、目覚める時間さえも
自分で調整しているのではないでしょうか。

無意識的なスケジュール調整の結果、いつもより早く目覚めている
時、いつもの時間じゃないからと、また寝てしまったりすると、実
は、自然なスケジュールを乱すことになるのかもしれませんね。


とてもシンプルな、時間も手間もかけない方法なので、次の日が思
った通りにいかない場合でも、大して気にはならないでしょう。

どちらかというと、今までよりは物事がスムーズに運んでいる感じ
がして、気持ちが軽くなることでしょう。


みなさまにとって、明日が満足のいく一日でありますように。


黒石久美子のプロフィールへ>>>

私はどうしたいの?〜目標設定の仕方〜
彼との関係を良くしたい、親子関係を改善したい、職場での状況を
良くしたいなど、なんらかの変化を必要とする時には、どうなりた
いかを考えますね。
もしくは、どうしたいかを考えます。


いわゆる目標というものを考えますね。
今の状況がスタートとして、どういう処へたどり着きたいかゴール
の目安を決めないと、どんな風に自分を変えたらいいのか、どんな
風に成長していけばいいのか、方向性がさだまらず動きにくいです。


目標や、ゴール、方向性を考える時に、肯定系でなく否定形を使っ
て考えることがあります。


例えば、「もう傷つく恋愛はしたくない」とか、「我慢する関係は
嫌だ」などです。


この例はどうなりたいか、どうしたいかという肯定系で考えた例で
はなく、どういうのが嫌なのか、どうはしたくないのか否定形で考
えていますね。


こういうのは嫌と考えた時に、私たちの心の深い部分である潜在意
識は、こういうのは嫌というは解釈できるのですが、それをどうし
たいのか迄は上手く解釈できないようなんです。


ですんで、「傷つく恋愛はしたくない」と思うと、それをそのまま
潜在意識は受け取り、それを現実化しようとするんです。
すると傷つかないように好きな人が現れないといいう状況が手に入
るようなことが起こるんです。


「傷つく恋愛はしたくない」というのは、傷つく恋愛は欲しくない
の意でなくて、傷つくような恋愛ではなくて今度は幸せな恋愛がし
たい!の意ですよね。ですが潜在意識はそこまで賢く解釈できない
んですね。


ですから潜在意識さんにもわかるように、どうしたくないではなく
どうしたいかを考えて、どういうのは嫌だだけではなく何が欲しい
のかを考えるんですね。


「傷つく恋愛はしたくない」ではなく「大切にされる恋愛がしたい」
「我慢するばかりの恋は嫌」ではなく「対等な関係でつきあいたい」
「物怖じする自分は嫌」ではなく「自分の意見を主張できる自分に
 なりたい」という風に肯定系で締めくくれるように目標を考えて
みましょう!


あなたは人生をより良くする為に、より良い状況を手にする為に、
どんな自分になりたいですか?どんな変化をしたいですか?


原 裕輝のプロフィールへ>>>
ハッピー予算を組もう!
私達の感情には時間の概念がありません。
なので、”過去”の失敗を思い返した時、頭では「以前起きた出来
事だ」と理解しているけれどもココロ(感情)は「今、まさに失敗
している」と理解してしまいます。
しかしそれを逆に利用すれば♪もういくつ寝るとお正月~♪状態で
”未来”の楽しみや幸せを、今日の自分が先取りして感じ、今すぐ
にでも「むふふ」とハッピーな気分になることが出来るのです。


そこで今日お勧めするのが『自分にご褒美をあげる為のハッピー予
算を組む』という事です。
ここでのポイントは”自分がハッピーだと感じる為の予算”です。
決して日用品や、何に使ったか分からない、と言ったような使途不
明金ではいけません。
あなたのココロをほっこりさせたり、あなたを「むふふ」と笑顔に
させる為の予算です。
その予算は1日500円もあれば充分過ぎるくらいかもしれません。


例えば、あなたがコーヒーが好きな人であれば、お気に入りのカフ
ェに行って一杯のコーヒーを味わう時間を持つ。
あなたが花が好きな人であれば、自分の為に週に1度、一輪でも良
いから新しい花を買い部屋に飾る。
あなたがスイーツ好きなら、何かを頑張ったご褒美にケーキを買い
、自分をねぎらう時間を持つ。
あなたがおしゃれ好きならば、小物でも良いから月に1つ自分にご
褒美として衣服を買い、着飾ってお出かけしてみる。
あなたがお風呂好きならば、週に一度スーパー銭湯でも、月に一度
日帰り温泉でも良いのでゆったりとお湯につかり自分をいたわる。


もちろん人によっては1日500円ではなく、「1週間にまとめて3500
円程度の楽しみが1回あれば、その週乗り切れる!」という人もいる
でしょう。
例えば、夜大好きな相手とデートだと思うと朝からワクワクして、
いつもは嫌な仕事も張り切って早く終わらせよう!とするかもしれ
ません。
週末はみんなと飲み会だ!と思うと、週末を励みに毎日を乗り切れ
るでしょう。
更には来月は好きなアーティストのCDが出る!や次の大型連休に
は旅行に行く!等、「月単位」「年単位」の予算を組む事で、その
日に至るまでの長いサイクルでワクワクする日々を手にする事も
出来ます。


自分にお金をかけると言うことは、自分自身に”投資”する事でも
あります。
ただ単に金額ではなく、どのくらいその予算であなたが「むふふ」
となれるか?
そこにあなたの”自分にどのくらい楽しみを許せるか?もバロメー
ター”が隠れているかもしれませんね。


成井裕美のプロフィールへ>>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。