約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怖れを味方につけよう♪
夢を実現させたいとき、やりたいことに力を注ぎたいときに、
何だかうまくいかないような感じがすることがありませんか?
やけに周りの声に敏感になったり、不安を感じたり・・・。


その陰に隠れている感情の一つに、『怖れ』があります。
怖れは、一般的にネガティブなものとして、捉えられがちです。
こういう場合に出てくる怖れの多くは、前に進む怖れであったり、
変化することに対する怖れであったりするんですね。
私たちのセンサーはとても敏感で、未知の世界に遭遇する前や
過去の失敗に似た状況があるとサインを出してくれます。
怖れを怖れとしてみるだけであれば、
感じたくない、要らない感情となってしまいます。


しかし、怖れを『私たちを守ってくれるナイト』とするなら、
いかがでしょう??

・この先に経験したことのない何かがあるよ。
・この前躓いた状況と似ているよ、気をつけて。
 …というようなメッセージを、怖れは私たちに伝えているのです。

怖れは、私たちが傷つかないように働いているわけですね。
どうやら、怖れはネガティブな側面ばかりではなさそうです。
怖れが大きければ、大きいほど、
私たちを守ろうとしていることを感じることが出来ます。
そうすると、怖れが憎めないやつになってしまうのです。


そして、もう一つのポイントとして、
怖れは私たちに傷ついて欲しくないだけで、
私たちに前に進んで欲しくないわけではないということです。
このナイトの『私たちに傷ついて欲しくない気持ち』を受取り、
感謝して、この先に歩を進めてみましょう。

『私を守ろうとしてくれて、ありがとう。
あなたがいるから、気をつけて、この先を進むことが出来る』
というように・・・。

怖れに感謝すること=怖れを認めることになり、
認めてしまえば、感情はそれ以上に大きくなりません。
警戒注意報も、解除となります。
そして、晴れて、夢ややりたいことに近づきやすい状況を、
作ることができます。


これは家族や友人、恋人が私たちを心配してくれる気持ちにも、
応用することができます。

『気持ちを受取り、感謝する』

そう、あなたの周りには味方がいっぱいです。
怖れだって、味方にできるのです。


宮本 恵のプロフィールへ>>>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。