約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直感的に生きる
「直感」というのは、思考的な推理や考察のもとに導き出されたも
のではなく、感覚的に導き出されたものです。


よって、「なんとなくそう思った」「だって、そう思うんだもん」
というように、そこに論理的に説明できる明確な理由はありません。


あえて理由を説明するとしたら、「直感的にそう思ったから」とし
か説明できない、曖昧であやふやなものだったりします。


だから、直感を信じて直感に従うことって、不安だったり怖かった
りするんですよね。


例えば、「直感的に生きてみましょう」と言われると、ちょっと怖
い感じがしませんか?


思いつきで気まぐれに生きる行き当たりばったりな人生…というよ
うなイメージがあったりしませんか?


でも、直感的に生きる人生というのは、思うほどに悪いものではな
いかもしれません。


直感というのは、心が発する「ささやき」のようなものなんですね。
それも、あなたを助けてくれたり幸せに導いてくれたりする「ささ
やき」なのです。


直感という心のささやき声に従うことに不安を感じるのは、自己嫌
悪と自信のなさが隠れているために、自分のことやいい未来を信頼
できないからなのかもしれません。


「直感的に生きる」というのは、自分と未来に対しての信頼がある
状態で生きるということです。


「直感的に生きる」というのは、自分の心が本当に求めているもの
に沿って生きるということです。


それって、ちょっと楽でワクワクする生き方だと思いませんか?


いきなりは難しいかもしれないので、もしささやき声をキャッチ
することができた時には、まずは、そのささやきに耳を傾けてみ
るところから始めてみてはいかがでしょうか?


木村祥典のプロフィールへ>>>

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。