約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
思い切って、捨ててみよう。
この季節、年末のお掃除も気になる季節ですね。
私事ではありますが、11月、お引越しをいたしました。
お引越しでの手続きもいろいろ大変だったのですが
一番、大変だったのは「荷物を整理」することでした。

荷物を荷造りする作業では、「これは必要か?」を
考えながら、箱につめていく・・・とっても煩雑。
うんざりすることも、とてもたくさんあって
また、お引越しが完了してからも、荷解きの際に、もう一度
「これは必要か?」を突きつけられるようでした。

必然的に、自分のライフスタイルだったり、自分が何を
大切に思っているのかを考えるきっかけとなりました。

ここは、腰をすえて、色んな物事を整理していく良いチャンスだ!
と思いましたので。
現在の私が「好き」と言うこと「必要だ」と想うこと
「残しておきたい」と明確に意識を持てるものだけを残し
出来るだけ、ものを捨てる作業をすることといたしました。

そうは言いつつも・・・・仕分けをする作業をするとき
「必要なさそうだけど、もしかして使うかも?」
「これは、買った時、高かったものなぁ・・・」とか
色んな想いが、そこには入り込んできます。

明確に、必要なものと必要でないものは
とっても楽に仕分けることが出来るのですが
この「もったいない」「思い出」「使うかも?」「高価」
そうして「頂き物」達がとっても場所を取っていました

それを捨てることを考えたときには、罪悪感を覚えるものが
たくさんありました。
しかし、フト考えてみると、そのものを置き続けていたとしても
それが置いてあるのを見るたびに、
「ああ・・・モノが多いなぁ・・片付けなきゃな~」と
とっても重たい気持ちになることがわかっていました。

では・・・・思い切って、捨ててしまおうでは無いか!
と、決断をしたのです。

捨てるときには、申し訳なさだったり、寂しさだったり
切なさだったり、後悔する気持ちだったり、
切り捨ててしまうような感覚だったり
色んな感情を感じてはしまうのですが。
その瞬間を感じつつ、通り過ぎてしまえば
今まで、押入れの中で、で~んと陣取っていた荷物を見ては
「片付けなきゃ」と思い続けていた重苦しい気持ちとは、
さようならをすることが出来るわけです。

そうして、思い切って、本当に悩むものは、
「保留ボックス」へ入れ。
数日後に、もう一度自分に問う形とし、使わないものは
手放していきました。
リサイクルできるものはして、それ以外は廃棄です。

今までありがとう。と感謝の言葉と共に、うまく使ってあげなくて
ごめんなさいと言いつつ・・・

そうすると、荷物が減っていけば行くほど
自分の中がスッキリしていくのが解り。
保留ボックスに入れていたものも、仕分けが出来るようになり
どんどん「必要と不必要」を見分けることも出来るように
なってきました。

もちろん、捨てて後悔することもあるかもしれません。
だけど、必要なものは、また手に入れる事が出来ると信じて
手放していったときに、心の中は清清しい気持ちで
いっぱいになりました。

自分の中が整理されていく感覚は、とても心地よく
クセになりそうな感じがしています。(^_^)
手放せば、新しいものは入ってくるといいます。
この機会に、みなさまも、思い切って捨ててみませんか?


田中 三知代のプロフィールへ>>>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。