約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず一つのことに集中してみる
やリたいことがいっぱいありすぎて、何から手を付けたらいいのか
わからない。
仕事も家事も増えてきて、もういっぱいいっぱい。
先のことがはっきりしなくて、心がもやもやしている。

意欲を持って、一生懸命生きていても、こんな風に、一時、行き詰
まりを感じることって、あるかもしれませんね。

そんなときにお勧めしたいのが、
「まず一つのことに集中してみる」という方法です。

どれから手をつけようかと迷ったり、考えたり、計画したりしよう
とすると、ますます考えることにエネルギーを使い、疲れてしまう
ことがあります。

そこで、「まず一つのことに集中してみる」とどうでしょうか。
集中してみる一つのことは、「今、目の前にあること」がいいか
もしれません。

例えば、仕事中に『仕事も家事もあって、あ~大変。』と思ったと
したら、まず仕事に集中してみます。

目を開いて、目の前にある仕事を見ます。
耳を傾けて、かかってくる電話のお話を聞きます。
一緒に仕事をしている人たちに意識を向けてみます。
まずは、そのどれか一つでいいと思います。
目の前の一つだけなら、一瞬のうちに集中することもできるので
集中し易いと思います。

すると、縁があって携わっている仕事なので、その仕事のおもしろ
さや、よさを感じ取ることができ、
『好きでやっていたんだな。やりたくてやっていたんだな。』とい
う気持ちがよみがえってくることがあります。
この元気が、家事も楽しく感じさせてくれたりします。

もし、汚れたテーブルを眺めながら、『テーブル汚れたな。そうじ
もしてないし、仕事は忙しいし、あ~大変。』と思ったとしたら、
まずテーブルの、眺めていた部分だけをきれいにしてみます。

一箇所だけでいい、というところがこの方法のポイントです。
一箇所だけなら、負担が軽く、着手しやすいと思われるからです。

きれいになったテーブルの一部を見ていると、自分の生活空間が好
ましいものになっていく喜びが感じられるのでしょうか。
ほんの数センチ四方の場所であっても、きれいにできるとスッキリ
とした気分になることがあります。
すると、また、次に何かをしたくなったりすることがあります。

目の前にある、ちょっとしたものごとに集中してみると、停滞気味
だった現状を解きほぐすきっかけができるのかもしれませんね。

みなさまのハッピーライフを、心よりお祈りしています!


黒石 久美子のプロフィールへ>>>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。