約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分のストレス度合のバロメーターを作ろう
先日、私は自分自身のストレスのバロメーターを再発見する出来事
がありました。
今日はその時の体験を分かち合いたいと思います。


私が今、何が何でも必ず時間をつくり見ている番組があります。
そう、それは「爆笑!レッドカーペット」
単発的にスペシャルで放送されていた時から私の心のオアシスでも
あります。


しかし最近1つ弊害があるのです。
そう。それは同居の母も私と同じでお気に入りの番組だということ!
水曜22:00から木曜の朝にかけて、今度は私の母のカムバック
レッドカーペットが行われるのです。
それもただ、気にいった芸人のギャグを何の脈略もなく繰り返すと
いうもの・・・。
先日は”ものいい”というコンビの「違うか!」というネタが気にいり
延々と一人で連呼されておりました。


んがしかし、その時実は私自身疲れが溜まっておりテンションダダ
下がりの時。
普段なら連呼されるその脈略のないギャグも軽く受け流せるのです
がその日ばかりは「ウザイ!!!」と発狂しそうなくらいの余裕の
なさでした。
その状態を私自身は”おかんウザイ病”と名づけております。


しかし、この”おかんウザイ病”こそが私にとっては疲れ具合を知る
チェックポイントなのです。
いつもの私は、
おかんウザイ病→ずっとイライラする→イライラする自分が嫌いで
落込む→体調崩す(アトピーひどくなる・熱でる)→寝込む→引き
篭もる
という経路をたどり何とか這い上がって1サイクル終了する、とい
った感じなのですが、今までは当たり前のように体調崩してから
「あ。私、疲れてたんだ」と認識していたのです。
・・・遅いよ!って感じですね。
それは体にも、心にも負担がかかる自分に優しくないやり方なので
す。


そこで今回はこの”おかんウザイ病”が発症した時に、あえて自分
を労ったり、あえてゆっくりのんびりする時間を設けたり、今日の
予定は全てキャンセルして自分に何もない時間を用意してあげたり
~とストレスでピン!と張った心の糸を緩ませてあげる事を行いま
した。
すると翌日には一緒にギャグをかましながら母と笑いあえる自分に
戻れたのです。


私にとっての疲れのバロメーターは
おかんウザイ病→ずっとイライラする→イライラする自分が嫌いで
落込む→体調崩す(アトピーひどくなる・熱でる)→寝込む→引き
篭もる
でした。
そのどの段階でも構いませんが、最終工程に入るまでにリセット
出来たとしたらそれだけで心の負担は大きく減ります。


あなたにとってのストレスのバロメーターはなんでしょうか?
ちなみに私には他にも
音楽の音量が大きくなる/PCでエンター押す時の力が大きくなる/
無性にチョコが食べたくなる/ジャガリコをガリガリ言わして食べた
くなる/食欲が落ちる/爪をかむ
等があります。
自分のパターンを知り、たくさんのチェックポイントを用意できれば
その度に自分に優しくすることを選択できる機会が増えるかもし
れませんね。


成井 裕美のプロフィールへ>>>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。