約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目を見つめる幸せ
皆さんは普段どのくらい人の目、とくにパートナーの目を見て
いますか?
おそらく、そんなに意識したことがない人が多いのでは
ないでしょうか?


「目は口ほどにものを言う」と言いますが、本当に目は口以上に
忠実に、その人の心や感情を語ります。


心理療法の一つに、何も話さず、ひたすら目を見続けるという
ものがあります。
これは、目を合わせることで、感情を感じていくというものです。
目を合わせると、心がつながります。
人は、心がつながると必ず感情を感じるのです。


そこで、今日ご提案するエクササイズは「目を見る」です。


日常生活で、何十分も目を見つめ続ける機会はないと思いますが、
日常のちょっとした部分で結構です。


例えば、朝の「おはよう」や「いってらっしゃい」。
パートナーだけでなく、いろんな人への「ありがとう」


やってみて、多くの人は、目を見ることが苦手なことに気づくでしょう。
私も、はじめはとっても苦手でした。
それは、そのまま人とつながることが苦手だということです。


苦手だとわかれば、少しずつチャレンジしてみてください。
チャレンジすればするほど、相手と繋がっていくことを実感するはずです。


中には目を見るのは得意だという人や、目を見るのが気持ちいいと感じる
人もいるはずです。
そんな方はどんどんつながっていきましょう。


次回の私のメルマガでは、「目を見る」のさらに上級テクニックをお伝え
する予定です。


それでは、まずはファーストステップにトライしてみてください☆


村本 明嬉子のプロフィールへ>>>

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。