約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気持ち的抱っこ法のススメ
愛され上手は愛し上手であって、かつ、許し上手なことが多いようです。
許し上手になると心も広く、余裕が持てるようになりますから、人間関係でも
恋愛でも仕事でも笑顔で過ごせる時間がどんどん増えていきます。

でも、許すのって難しいんですね。
相手の嫌なところ、弱いところを受け入れ、理解し、認めてあげるのですから。

あ、それと大切なことがもう一つ。
許す相手って、他人だけじゃないんですね。
自分自身を許す。
これもすごく大切な目標ですね。

やはり、自分を許せる度合いだけ人のことも本当に許せるのだろうと思います。
そうでないと、許しのつもりの犠牲や我慢になってしまうのかもしれません。


さて、そんな許し上手さんになるための、簡単なアプローチをご紹介します。

それはタイトルにもあります「気持ち的抱っこ法」。

実際に目の前の相手にしてあげてもいいのですが、なかなかスキンシップは難
しいことも多いですから、心の中で、気持ちの中で、相手を抱っこしてあげる
んです。

相手の嫌な部分を見たりすると、眉をひそめ、気分が落ち、怒りが沸いたり、
さびしくなったり、嫉妬や惨めな気持ちになってしまうこともあるでしょう。

でも、それは自分自身が相手の感情に支配されてしまっている証拠。
相手に気持ち的な主導権を渡してしまっている証なんです。


それを取り戻し、自分らしくいられるためにも、ちょっと発想を飛躍させて
(この“飛躍”という感覚、まさしく“ぴょんと飛び上がるような感覚”がす
ごく大事!)、相手をぎゅっと抱きしめてしまうんです。

もちろん、心の中で。


できれば「バッカだなあ~」「このアホー!!」「しょうがないなあ・・・」
「ほんと嫌な奴っ!!」と独りごちても構いません。


気持ち的にぴょんと相手に飛びついて、ぎゅっと抱きしめ、「アホやなあ~」
と思ってみると、なぜか怒りは抜け、むしろ笑えて来たりするようになります。

もちろん、多少の訓練は必要なのですが知っておいて損はないアプローチです。

ぴょん、で、ぎゅっ、で、アホー、です。

覚えられました?


根本裕幸のプロフィールへ>>>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。