約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっとひと息、心の一時停止ボタン
感情に振り回されて痛い目に合った経験ってありませんか?

彼の態度に怒りがどーっと噴出して相手にぶつけてしまって大喧嘩!
目が回るほどに忙しくて、イライラして後輩に八つ当たりしてしまった!
寂しさと不安が募って自暴自棄モードに突入して飲みすぎた!
自己嫌悪がどんどん強くなって自信がなくなってすごく落ち込んでしまった!

等々、例を挙げればキリが無いかもしれません。

そういうときって後でひどく自己嫌悪して、一人反省会をして、そして厳しく自分を戒めるのですが、それがまたストレス(感情の抑圧)になって、同じ事を繰り返してしまうんですよね。


そんなあなたにお勧めなのが、心に一時停止ボタンを持つ、ということ。


そう、iPodやDVDプレーヤなどに付いてるアレです。

具体的には色んな方法がありますが、あのマークを思い出しながら、「一時停止、一時停止」とつぶやいて深呼吸するのが一番簡単でお勧めです。


とはいえ、感情が噴出してどうしようもなくなった時には、そんなマークを思い出したってかえってむかつくだけですので、あまり効果はありません。

だから、普段使いにお勧めしたい方法なんです。


何かの区切りの時、それは非常に細かいことでいいんですが、一つの書類を処理した後に、顧客からの電話を切った後に、取引先の会社から外に出たときに、ちょっと立ち止まって、軽く深呼吸。

「一時停止、一時停止」と呟いて、胸いっぱいに息を入れてあげます。
これでひと息入ります。

呼吸だけでは落ち着かないときには、敢えてお茶を淹れるなど行動もストップさせるとさらに効果的。


こうすると一つ一つの行動をきちんと終わらせることができる(クロージング)ので、気持ちや心や頭が整理されやすくなるんです。

そういう時に一つ一つの区切りをつける癖をつけておくと、感情を引きずって他の人を困らせることは格段に少なくなります。


これはちょっとめんどくさいし、意識してないと忘れそうなくらい簡単な“儀式”なのですが、それだけに癖にすると自分の心とうまく付き合う秘訣になるんですよ。


根本裕幸のプロフィールへ>>>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。