約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”繋がり”や”愛”を感じられる自分になる方法
世界水泳に世界陸上、そして世界柔道!とスポーツのイベントが目
白押しでしたね。
ミーハーな私は普段はあまり新聞のスポーツ面やスポーツ番組を見
たりしないくせに大きな大会となるとついついのめり込んで見るタ
イプです。
そしてTVの前で(会場に行かないのがにわかファンの証拠(笑))、
息を呑みながら応援しています。
地元では阪神タイガーズが頑張っているのでTVで取り上げられる機
会も多く、ますます私のにわかファン心に火がつきます。
みなさんも誰か応援された選手はいらっしゃいますか?
スポーツ選手や芸能人だけにとどまらず、私達の人生の中で実は
「誰かを応援する」というのは、人生をより豊かにするのに必要な
要素なのです。


多く私達は落ち込んでいる時には「自分は1人だ」と感じます。
そして誰にも頼れない!と1人で頑張ったり、誰も助けてくれない
!と人間関係にがっかりしたりもします。
そこでは相手との”繋がり”が感じられなかったり、”愛”がない
ように感じてしまうのです。


しかし私達は誰かを応援し、誰かの成功を祈っている時には、この
孤独から開放されます。
応援していた選手が勝った時にガッツポーズをしたことはありませ
んか?
選手が懸命に戦う姿を見て、勇気を貰ったことはありませんか?
お気に入りの芸能人が賞を取った時に、とても誇らしげな気持ちに
なった事はないでしょうか?
友達が勇気を出して好きな人に告白して恋が実った時、一緒に飛び
上がって喜んだことはありませんか?
友達の夢が実現した時に、まるで自分が成功したかのように涙した
事はありませんか?


誰かに声援をおくっている時、そこでは私達は自分を責めません。
誰かの幸せを祈っている時、そこでは私達は強くなれるし、一緒に
前に進めます。
相手の頑張りを承認したり、相手の成功を思い描くというポジティ
ブな方に心の力を使うので、そこでは自分自身のネガティブな部分
を攻撃する方には意識が向かないのです。
相手の成功をまるで自分のことのように喜べたり、まるでその人が
自分の家族であるかのように感動している時には、私達はその相手
を通じて一緒に自分自身の成功や称賛に近づいているのです。
そこでは、相手との”繋がり”が感じられ、自分の中や、周りの人
の中にある”愛”を感じられるのです。


そして今度は自分に向けられている声援や祈りに気づけるのです。
それをプレッシャーとして感じるのではなく、自分への祝福や承認
として受けとることが出来ますよ。
もし繋がりや愛が感じられないように思える時には、あなたにとっ
て大切な誰かの幸せや成功を祈ってみてください。
あなたから差し出された絆や愛は、廻り回って必ずあなたの元に戻
ってきますよ。


成井裕美のプロフィールへ>>>
スポンサーサイト
心からやってくるメッセージ
私たちの心の深い部分には、自分自身を幸せにしようという働きを
もった部分があります。そして、自分自身を幸せにするように考え
や行動を変えさせるために、私たちに気づいてもおうと、ふとイメ
ージされた言葉や映像を通してメッセージを送っています。


忙しい生活や荒々しい生活を送っていると、このメッセージが忙し
さや荒々しさでかき消されてしまったり、メッセージを受けとめて
も、またすぐ忘れてしまったりしてしまいがちで、メッセージを見
落としてしまいます。


そこで、少し、心をおちつけて、心をみつめてみることをおすすめ
します。


秋になると、涼しくなり、夜も長くなります。少し、心を落ち着け
て静かな時間を過ごすことも多くなるでしょう。私はときどき、夜
空にポツンと、輝いているお月様を見つけたとき、自分の心に向き
合います。


心をみつめるといっても、はじめは何も気づかないかもしれません
が気にしはじめると、


本当は今のような生き方はしたくないんだよなぁ。
そういえば、昔は画家になりたかったんだ。
学生時代によく遊んでいたあいつ、今頃どうしているかなぁ。
疲れてしまって、何もしたくない・・・。


と、少しずつ、何かしら感じられるようになるものです。


心のメッセージは、あなたを幸せにするためにありますから、それ
は決して、極端なものではなく、安全で、合法的なものですので、
これに注意した上で、自信がなくてもOKですので、メッセージらし
きものを、試しに簡単にできることから実行に移してみましょう。


実行してみたら、どんな気分になりましたか?


もし、本物のメッセージであったなら、あなたの気分は少しでもハ
ッピーになりますし、そうでないとしたら、残念ならが感知がいだ
ったかもしれません。はじめはそれでよいので、何度か試していく
と、本物のメッセージがわかるようになってきます。


これから秋、とてもよい季節がはじまります。ハッピーな気持ちで
秋を楽しむきっかけにしていただけたらと思います。


清水三季央のプロフィールへ>>>
ありのままの自分を認めよう
さて、今日は「ありのままの自分を認める」というお話です。

「あなたは自分自身のことをどれくらい認めていますか?」
こんな質問をされたら、何と答えますか?

では、「どのくらい自分を責めていますか?」
と質問されたらどうでしょう?

あんなことやこんなこと・・と
たくさんの答えが出てくるのではないでしょうか。。

私達は無意識に自分を責める・・という事をしてしまいます。
でも、これが私たちの人生を決めてしまうのです。

では、自分を責めている労力を、認めて愛してあげる方に
使ったら、どんな人生になるでしょう?
私なら、考えただけでもワクワクしてしまいます(^^)

でも、具体的にどうやって認めたらいいのだろう・・?
という疑問も出てきますよね。
そこで今日は人生が激変?する方法をお教えします!

それは、「ミラーワーク」と呼ばれるものです。

私はよくクライアントさんにもお勧めするのですが、
実際にやられた方にとても効果があったと聞いています。
実はナガオも一時期やっていました。

まず、自分の顔全体が写るくらいの大きめの鏡を用意します。
そして、鏡の中の自分に向かって

「いつも頑張ってるね。」とか「そのままでいいよ。」
又は「そのままのあなたを愛してるよ。」など
自分を励ますような言葉をかけてあげるのです。
ポジティブな言葉であれば何でもOK です!

初めはバカ馬鹿しい・・と思われるかもしれません。
でも、それでも続けてほしいのです。
すると、やっていくうちに自分の感情が動いてきます。

例えば、涙がボロボロ溢れてきたり・・・
人によっては、怒りがでてきたり・・・

でも、どんな感情が出てきても自分を責めないのがポイントです。
どんな自分も「うん、それでいいんだよ。感じていいんだよ」
と、認めてあげて下さい。
まるで他人を扱うように、鏡の中の自分を扱ってあげるのです。

最低、20~30回は言ってあげて下さいね。
多ければ多いほど効果的です!

こんなことを、例えば2週間でも続けたとしたら、
気分的にだいぶ楽になることに気付くはずです。

私がこのワークで思ったことは、人が変わるのに
それほど長い時間はかからないんだな・・ということでした。
少しの期間でも続ければ、少しの結果が必ず現れますから
何もしないよりは断然いいですよね。

この裏テーマは、「許し」でもあります。
自分自身を許して、自由で快適な人生を送りませんか?


長尾純子のプロフィールへ>>>
ちょっとひと息、心の一時停止ボタン
感情に振り回されて痛い目に合った経験ってありませんか?

彼の態度に怒りがどーっと噴出して相手にぶつけてしまって大喧嘩!
目が回るほどに忙しくて、イライラして後輩に八つ当たりしてしまった!
寂しさと不安が募って自暴自棄モードに突入して飲みすぎた!
自己嫌悪がどんどん強くなって自信がなくなってすごく落ち込んでしまった!

等々、例を挙げればキリが無いかもしれません。

そういうときって後でひどく自己嫌悪して、一人反省会をして、そして厳しく自分を戒めるのですが、それがまたストレス(感情の抑圧)になって、同じ事を繰り返してしまうんですよね。


そんなあなたにお勧めなのが、心に一時停止ボタンを持つ、ということ。


そう、iPodやDVDプレーヤなどに付いてるアレです。

具体的には色んな方法がありますが、あのマークを思い出しながら、「一時停止、一時停止」とつぶやいて深呼吸するのが一番簡単でお勧めです。


とはいえ、感情が噴出してどうしようもなくなった時には、そんなマークを思い出したってかえってむかつくだけですので、あまり効果はありません。

だから、普段使いにお勧めしたい方法なんです。


何かの区切りの時、それは非常に細かいことでいいんですが、一つの書類を処理した後に、顧客からの電話を切った後に、取引先の会社から外に出たときに、ちょっと立ち止まって、軽く深呼吸。

「一時停止、一時停止」と呟いて、胸いっぱいに息を入れてあげます。
これでひと息入ります。

呼吸だけでは落ち着かないときには、敢えてお茶を淹れるなど行動もストップさせるとさらに効果的。


こうすると一つ一つの行動をきちんと終わらせることができる(クロージング)ので、気持ちや心や頭が整理されやすくなるんです。

そういう時に一つ一つの区切りをつける癖をつけておくと、感情を引きずって他の人を困らせることは格段に少なくなります。


これはちょっとめんどくさいし、意識してないと忘れそうなくらい簡単な“儀式”なのですが、それだけに癖にすると自分の心とうまく付き合う秘訣になるんですよ。


根本裕幸のプロフィールへ>>>
やる気を作り出そう
新しい自分になりたい。新しい資格にチャレンジしたい。など、新
しい行動を起こしたいと思いながら、後回しにしてしまうことって
ないですか?


『やりたい』と言う気持ちと『やれない理由』を天秤にかけた時。
二つの考えの間に大きな差を感じてしまうのかもしれませんね。
ちょっと目標との距離が遠く感じてしまうんですよね。


やりたいけど、実現できないかも。これはやる気をそいでしまう
かもしれませんす。人は成功確立が50%と感じているときが一番
モチベーションがでるんです。


このちょっと気合を入れれば手に入る。と言う感覚って、「やって
みても良いかな」と思わせて敷居を低くしてくる感じがしませんか。


そこでこの距離を縮めるために、ちょっと時間を取って、今の自分
と手に入れたい自分の『共通点』を見つけてみてはいかがですか。


今は可能性の『芽』なのかもしれませんが、これを探して育ててみ
るというのはどうでしょうか。この共通点の芽をどうしたら葉っぱ
に出来るのか、それを木に出来るのか。目標を少しずつ順番に区切
ってみても良いかもしれませんね。


仕事が出来るようになりたい。と思っていたら、まずは仕事の中の
書類作成を出来るようになりたい。次はプレゼン。次は新しい企画
を任される自分になりたい。と言うような感じです。


そして、もっとモチベーションをあげたい場合には、いかに新しい
自分の未来に興味を持つか。そこにポイントがあったりします。


どうして「新しい自分になりたい」。そう思ったのでしょう。今の
自分自身に聴いてみてください。どんな答えが返ってきますか?


その情熱の素をもう一度思い出してみると、「やろう」と思ってい
た時の熱い情熱が呼び起こされてきませんか。


自分の興味のポイントをもう一度思い出して、やる気を奮い立たせ
て更にワンランク上の自分に変身してみてはいかがですか?


渡辺晴美のプロフィールへ>>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。