約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何かを変えれば何かが変わる!
仕事で成功したい!もっとお金もちになりたい!もっと良い対人関係を気づききたい!今より幸せなパートなシップを手に入れたい!などなど、今より、よりよい幸せを手に入れたいことは誰もが思うことです。


今の状況や、結果に不満はなくとも、もっとよい状況や、結果が欲しいと思う人は少なくないでしょう。
よりよい幸せを手に入れたいと思われる方に、カウンセリング的な考え方を一つご紹介したいと思います。


カウンセリングで心理分析をしていくさいの一つの考え方なのですが、
「今の結果」=「今の考え方」+「今の行動」
というシンプルな考え方をします。


ということは「今の考え方」もしくは「今の行動」を変えるとことで、「新しい結果」が出てきます。


逆に言うと「今の考え方」と「今の行動」を変わらずしているかぎり、手にはいるのは「今の結果」なわけです。当たり前のことようですが、案外見落としがちだったりします。


「今の考え方」もしくは「今の行動」を変えたからといって、「今より幸せな結果」がでるとは限らないのかもしれません。しかし、宝くじを買わない限り当たらないように、何かを変えないと、新しい結果はでないと言えるのではないでしょうか?


人は変化ということに恐れを感じる心理を持っています。ですので何かを変えるということに抵抗感を感じます。何かを変えるというのは勇気がいることなのです。


勇気をだしやすいように、抵抗感をあまりださないために、まずは、ホンの少し、ホンの少しだけ何かを変えてみようと思ってみると何かを変えることにチャレンジしやすいかもしれません。


しかし、このホンの少しのことが大きな違いを生むのです!


今までの「おはよう」の挨拶に、笑顔をくっつけて言ってみる。今まで後送りにしていた仕事を、前倒しでしてみる。「○○してみたいな~」という口癖を「いつか○○してみよう」と少し変えてみる。


ホンの少し、ホンの少し何かを変えることにチャレンジしてみましょう。そのチャレンジの連続が人生に大きな違いを生むことでしょう。


原 裕輝のプロフィールへ>>>
スポンサーサイト
時間と上手に付き合ってみよう
早いもので、今年ももう折り返し地点を過ぎてしまいました。
30を過ぎたころから、年々、あっと言うまに時間が過ぎていくと感じていましたが。
ここ数年は、時間とのおつきあいが少しづつ解ってきて、毎日が味わい深いものに変わってきたように感じます。


自分自身がいつも感じることなのですが、時間というのは意識をしていても同じ1時間。何気なく過ぎても同じ1時間。
彼や楽しい仲間と過ごす1時間は、飛ぶようなのに、会社でのあくびをかみ殺すような会議で感じる1時間とは、雲泥の差がありますよね!?


私自身、ずっと子どもを育てながら、仕事をし資格を取得してという生活を続けてきましたので、「時間がない!」と言うのが、いつもテーマとしてありました。


もっともっと有効に時間を使いたいと思いつつ。
日ごろ、追い立てられてる分だけ、休みの日には、だらだらと過ごしてしまってお休みの終わるころには、とっても罪悪感を持ってしまって・・・なんだか、とっても後悔してしまったり。


「あれもしたかったのに!これもしたかったのに!! だらだら過ごして!結局何もできてない! ああ!もう8時!明日の用意をしなきゃ~~!! ばかばかわたしっ!」
 ・・・・って感じでした。

 
お休みの日にのんびりと過ごすことが悪いことではないのだけど、せっかくのお休みも、これでは楽しくなくって、なんだか出来てない自分をたくさん責めることだけに使ってしまったように思っていました。


同じお休みで、同じゆっくりとのんびりと過ごす時間であったとしても意識を変えれば、まったく違った感じ方をすることが出来ます。
「今日はのんびりと過ごす日」もしくは、「のんびりと過ごす時間」と決めてしまうと、とってもすっきりと時間が動きだします。


やりたいことと、したいことの棚卸しをして、時間に振り分けることが出来ると毎日がとても簡単に動き出すように感じることが出来ます。


まずは、メモとペンを用意していただいて、自分のしたいことと、やらねばならぬことを書き出していきます。
ここでも、ご自身の心を覗くことができるのですが、自分のやらねばならぬことだらけで、したいことが出てこないと・・・
危険です。心にガソリンや潤いが足りなくなってきて、なんだかイライラしちゃったりしていませんか?


自分のしたいことって案外、求める前から諦めてしまったり、やることをやっていないのに、遊んではいけないと感じがちですが、心の元気を作ることをまず考えるのであれば、「やりたいこと」を優先させることが大切なことになっていきます。


そんな場合にも、このメモを書くという手法はとっても有効になります。


さて、そうして、メモが出来たら、「やりたいこと」に注目!
長期的に考えることなのか?または、数時間で出来ることなのかを考えます。


たとえば、長期のものであれば、資格を取得するとか。語学を学ぶ。楽器を弾けるようになる。などがそれに当たります。
短期のものは、エステやDVDを見る。散歩をする。ジムでエクササイズ。ゆっくりお風呂。などになると思います。


休日の時間を割り振ることを考えるときに、1日の時間を線で表して、目盛りをつけていきます。


 6    8    10    12    14    16    18    20
-+---+---+---+---+---+---+---+-
 ←朝食→←洗濯掃除→←DVD→←昼食買い物→


何時から何時までが、目で見て解りやすいように表示をします。


そうして、朝一番は、必ず自分がしたいことを配置します。
私の場合は、近くのカフェでモーニングを食べに行くのが大好きで、休日の朝の予定はかならず、モーニングとなります(^_^)
朝の一番にお楽しみを持っていくことで、楽しい気持ちで目が醒めます。


したいことを書いていき、「その間」にするべきことを入れていきます。
緩急をつけた内容を組み込んでいくと、とってもリズムが取りやすいです。
時間にメリハリがついて、とっても気持ちが良く過ごせますよ◎


たとえば、1日を全部「何もせずゆっくりする」と書き込んでもかまいません。
予定どおりに行かなくても大丈夫!予定通りにいかなかったときは、次に予定を入れるときには、この項目は、もう少し多く時間を取ろう・・・などなど、次回の参考にしてください。


毎日を、時間に区切りをつけると楽になりますが、最初からは大変なのでまずは、休日から始めてみることをオススメします。


ゆっくりエネルギーチャージと、頑張ってる自分にご褒美をあげて!
次の1週間を、乗り切るパワーに変えていってくださいね(^_^)


田中 三知代のプロフィールへ>>>
「明日やろう」はバカやろう?~明日後悔しない為に今取り組む~
少し前の話になりますが、4月~6月の間にやっていた月9ドラマを皆さんは見られたでしょうか?
そうです!「プロポーズ大作戦!」です。
タイトルだけを知ったときにはかなりレトロなタイトルに引き(笑)、更には毎週同じような展開になるのにも最初は引き気味だったのですが、なんだかんだと言って最終回まできっちり見ました。


ドラマの内容を簡単にまとめると、14年間幼馴染の男女がいて、お互いがあまりに近くにいるのでお互いに相手に好意があるんだけど「好き」と言い出せないまま大人になるんですね。そして彼女は別の人と結婚することになり、その結婚式の披露宴で新郎新婦のスライドショーを見ながら彼は自分と彼女の過去を悔やみ「あの時こうできたら!」「もう1度やり直せたら!」と思っているです。するとさすがドラマ(笑)、教会の妖精が現れて、彼をそのスライドショーの写真当時の過去に戻してくれるのです。


タイトルの「明日やろうはバカ野郎!」はドラマの中のセリフなのですが、彼女のおじいさんが田舎から孫を訪ねて来た時に、主人公の彼に対して言う言葉なのです。そのおじいさんは大工さんなのですが、かなり熱い男の設定で、色んな事に煮えきらない主人公に対し「思い立ったことはすぐ行動しろ!」「同じ後悔するなら行動してからの後悔のほうがずっといい」といった意味で「”明日やろう””そのうち取り組もう”というヤツは馬鹿野郎だ」を凝縮して「あした野郎は馬鹿野郎!ってな!」といいます。


私自身もよく「今日は疲れたから明日やろう・・・」とか「また今度でいいか」と色んな理由をつけては先延ばしにするのが得意なので、このセリフには「あいたたた(>_<)」と釘を刺された思いでした。


奴隷解放で有名なアメリカのマーティン・ルーサキング牧師はこんな言葉を残しています。
「もし、明日世界が終わることを知っていても、それでも私は今日木を植えるでしょう。」
今、自分に出来ることを、ただ行う。
それはとてもシンプルですが、とても難しく、またとても意味のある事です。


みなさんも、取り組もうと思っているんだけど先延ばしにしていること。向き合う時期が来ているんだけど、もう少し後で・・・。としている事は何かないでしすか?
もしあるのなら・・・今日、たった5分でもかまいません。
まずそこの事に取り組もうとするところからはじめてみませんか?
その5分で明日は変化し、またその5分ずつの継続で未来は必ず変化します。


・・・そういう私も実はこの原稿の〆切が過ぎておりまして・・・(恥)
「今」取り組むことから初めてみたしだいです。


あなたの「明日やろう」はなんですか?


成井裕美のプロフィールへ>>>
幸せは、心のごはんです
今回のテーマは、「幸せは、心のごはんです」

何かのCMのコピーに出てきそうな、タイトルですが、そうなんです。
幸せは、心のごはんなのです。


幸せを手に入れたい。

そう考えるとき、私たちは、未来のある時までに幸せを実現しようという目標を設定をします。目標設定をすることはよいことですが、目標が達成されるまで、幸せをオアズケにしてしまうことがあります。

例えば、来年は資格試験にチャレンジするから、これから1年は人づきあいも飲み会も、ゴルフも一切禁止だ!!

ダイエットにチャレンジするから、今日から、炭水化物と糖分と脂肪分の摂取は一切禁止するわ!!

といった具合です。


素晴らしい目標設定なのですが、毎日、食事が欠かせないように、日々の生活にも、幸せがないと、心はとても苦しくなってしまいます。ある程度はガマンが効いたとしても、断食を何日もするのと同じく、健康を損なってしまうかもしれませんし、また健康を回復するために時間がかかってしまうかもしれません。

最悪の場合、ガマンが目標達成まで続かずに、途中で挫折してしまい、肝心の目標が達成されないこともありますから、そのがんばりが裏目に出てしまうのはとても残念なことです。

そんな意味で、日々、幸せでいながら、目標を達成してくことは、とても大切なことなんです。


それでは、どうやって、毎日を幸せにしていくのでしょうか?

みなさんにとって幸せや楽しい気分になれるときは、どんなときなのかノートに書き出してみてください。ふだんは何気なく過ごしているようでも、改めて書き出してみると、あなたにとっての幸せや楽しさのネタがたくさん見つかるのではないかと思います。


参考までに、私が思いついたものをいくつか挙げてみますね。

・ セラピーのとき、お客様のホッとした癒された表情を見たとき
・ 友人とビールなどを飲んでおしゃべりをするとき
・ 旅先で、自然の美しい景色を眺めているとき
・ 新しく見つけた、雰囲気のよいカフェでのんびりしているとき
・ スポーツをして汗をかいたとき
・ 透いている高速道路をドライブしているとき
・ カラオケで好きな曲を歌っているとき
・ 神社でお参りをするとき
・ 美味しい料理をいただくとき
・ 好きな音楽を聴いているとき
・ 新しい心理学のネタをみつけたとき
・ 友人とおしゃべりをしているとき
・ 新しい料理にチャレンジをして、それが美味しいとき
・ 新しい幸せや楽しみのネタを見つけたとき

と、私の場合はこんな感じです。

みなさんは、たくさん見つかりましたか?


そして、こうして見つけた、自分なりの幸せや楽しさのネタを、日々実践してみてください。新しいネタ探しもまた楽しいものですよ。

幸せは、心のごはんです。心の健康を保つためにも、毎日を幸せに過ごしていきましょう。


清水三季央のプロフィールへ>>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。