約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もっとお金と上手に付き合いたいっ!!
皆さんは
「もっと収入が増えたらいいなあ?」とか、
「もっとお金をうまく使えたらいいのに・・・」、
「うまく貯金できないかなあ?」
とか、そういう思いを抱いたことってありませんか?


私はカウンセラーなので、皆さんのファイナンシャルプランをご提示することはできないのですが、心理学的に見た、お金と上手に付き合う方法を今日はお話させていただこうと思います。


心理学では“象徴化(シンボライズ)”と呼ぶのですが、私達はよく“モノ”であっても、それを人間のように扱うことが少なくありません。
今日はそんな角度から「お金との付き合い方」を考えてみましょう。


さて、もし、お金が「人」で、すなわち1万円札ならば、“福沢諭吉さん”という人と、あなたは今どんな付き合い方をされてるでしょうか?


大好きで毎日「愛してるわ・・・」と恋人にするように、うっとり思いをかけたりしてるでしょうか?
それとも「アタシを苦しめる憎き奴!」とまるで恋敵にするがごとく接してしまっているでしょうか?


ちょっとだけ、あなたのお財布の中の諭吉さんの気持ちになって普段の付き合いを考え直してみるのはどうでしょう?


諭吉さんにとってあなたは良い友達でしょうか?それとも・・・?


もし、あなたが心のどこかで諭吉さんを「嫌なもの」として扱ってるとしたら、そんな嫌な奴と仲良くしたいとは思わないですから、諭吉さんは自分の近くにおいておかないようにしてしまうのかもしれません。
(それで、さっさと財布に入った諭吉さんを手放してしまうのかも!?)


とすれば、あなたにとって今は諭吉さんと仲良くなるために、ちょっとお金との接し方を考え直してみるいい機会ではないでしょうか?


例えば、好きな人の写真をそうするようにきちんと並べてお財布に入れておく、とか、ちょっと面倒だけど小まめに銀行に行って、できるだけ新札を使うようにする、とか。


そうした態度は、同時にあなたのお金に対する接し方を変えてくれるんです。


実際私もできるだけ一万円札は新札を使うように心がけているんですね。
そうすると、自然とお札は大切に財布にしまうようにするし、使い方や扱い方も丁寧なものになっていくんですよね。


キレイなものってやっぱり大事にしてしまうものでしょう?
そうすると使うときには自然と感謝の気持ちが込められますし、そして潔く「いってらっしゃい!」との思いを込められるようになるんです。


今、あなたのお財布の中で、その愛すべき恋人がどんな顔してるか、早速チェックしてみませんか?


根本裕幸のプロフィールへ >>>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。