約60名の心理カウンセラーが作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー達が、「毎日が輝くハッピーライフの秘訣」をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌を唄ってみましょう
雨の日が続いたり、曇り空で、気持ちもうつうつとしがち。
中々、活動的になれない季節かもしれません。
そんなときは、身体のうっとおしさを反映して心も重くなりがち。
そんなときにオススメなのが、歌を唄うことです。
日本には、カラオケと言う文化が発達するほど
唄うことで発散すると言う意識が認識されていると思うのですが、
今日は、呼吸を意識しながら歌を唄うという
ご提案をさせていただきたいと思います。


私は、長く、歌を唄うことをしてきていて。ボイトレに通ってます
ボイストレーニングで教わることは、実は身体と心を整ることに
とっても役に立つな~と思い、ご紹介させていただきますね。
人間の心と身体は、密接に結びついていて、心の影響が身体に
出る事も多くあります。
解りやすい例として、呼吸を例にしますね。


緊張感が続いたり、不安感が続いたりする環境に、長く居続けると
呼吸は、浅くて速くなります。
想像してみてくださいね。
今からおばけ屋敷に入ります。肩に力が入って、肩はあがって、
こわばってしまっている、びくびくとした感じ。
こんなとき、浅くて、早い肩からの呼吸になっていて、
腹にまったく空気が入っていかない状態です。
緊張をしていたり、不安感があるときの身体の状態って
呼吸が浅くて、速くなっています。


では、リラックスするときには、どんな感じでしょう?
冬の寒い日、お風呂の湯船に浸かる時
ほぉ~う・・・・・っと、呼吸が抜けていく感じ。
「ゆるむ」と言う感じが解ると思います。
うつうつとした気分のときは、背中も丸まりがち。
でも、ゆるむ時には、ほぉ~~~っと、胸が広がります。


この身体と心が繋がっていることを逆に利用するのです。
歌を唄い、意識的に、呼吸を変えていく事を行なっていくのです。
呼吸が変わると、意識も変わっていくのでオススメです。
まずは、準備体操です。意識を身体に向けてみてくださいね。
肩の力を抜く。まずは・・・吐きます。
深呼吸のとき吸うことに意識が向きがちですが、まずは、吐きます。
吐きいれるとこまで、吐きます。もう吐きいれない!って
とこまで行くと自然に息が入ってきます。
これを、肩に力を入れずに、お腹で出来るようにしていきます。
そうして、ご自身の好きな曲をかけて、お腹に空気を吸い込み
一緒に唄ってみてくださいね。


余裕のある方は、掃除をしながら行なってみてください。
歌を10曲も唄いきる頃には、お部屋も気分もすっきりしてます
お皿を洗いながら、食事の支度をしながら、なんでもいいので
とにかく呼吸を意識しながら、歌を唄ってみてください。
Happyな気分がよみがえります(~o~)


田中三知代のプロフィールへ>>>

スポンサーサイト
誰かの幸せを喜んでみよう。自分の幸せを分かち合ってみよう
人間は、実は、誰かの幸せを喜んであげたい存在なのだ。
これは、私が、ここ最近、実に想うことです。
たとえば、お誕生日、記念日、昇進のお祝い。合格のお祝い。

「聞いて~!実は、こんな良い事があってね!」と
友人から聞き及び、おめでとぉ~と伝えるとき。
こちらも、笑顔。そうして友人も笑顔。
そんな瞬間を、とってもたくさん目にします。
でも、こんな風に感じれるのも、最近だと思います

以前は、いつの頃からか、「喜ぶこと」をしなくなりました。
良いことがあっても、大袈裟に「聞いて!」なんていうことも
出来るだけしないようにしてきましたし
誰かに、こんな良い事があったんだって?って聞かれても
「いえいえ。大したこと無いんですよ!」って卑下をしたり
隠すような振る舞いが身についていたと思います。

大袈裟に喜んでいたら、誰かに嫉妬をされてしまう。とか・・
目立ってはダメ。悪口を言われてしまうわ!などなど
ネガティブな感情が渦巻いていました。

喜ぶことをしないという行動は、思慮深く、遠慮がちで
謙遜をする良い人に見えるかもしれませんが・・・
より幸せになりたい!って想うならば
お互いが笑顔で笑い合えることが、素敵だと私は思います。

自己否定の感情をたくさん持っていると世界を敵に見立てます
この感情を癒して行くことが課題となりますが
そのプロセスの中の実践で、役に立つスキルの1つが
「人のお喜びを、一緒に喜ぶ!」です。
慣れない内は、とっても居心地の悪い気分になったりもしますが
慣れて来ると、とても楽しくなります。

おめでとぉ!!!よかったねぇ!!!嬉しいね!!!
と、一緒になって喜ぶと・・お互いがどんどん
笑顔になってきて、ありがとうありがとうと言う気持ちと
温かさ、親密さ、喜び、愛などのポジティブな感情が
どんどん沸いてきます。

次に、自分自身の嬉しかったことを話すと、良かったね~!!!
が、返ってきました。その時の喜びは、本当に膨れ上がるほど!
一人で喜ぶことも嬉しいことには変わりがありませんが・・
でも、誰かと一緒に喜び合える事は、何十倍もの感動です。

人間は、人との間で傷ついた経験は、人との間でしか癒せないと
言われますが。
人と人とのつながりの持つパワーの偉大さを感じます。

是非、みなさんの周りの方々の幸せを、一緒に喜んでください。
そうして、ご自身の経験を、周りの方々と共に
分かち合うことを、ご自身に許してみてくださいね。


田中三知代のプロフィールへ>>>

「愛している」と言ってみよう
毎日の生活の中で、色んな事をこなしながら、
人間は生活を続けていきますよね。
朝に起きて、お仕事へ行ったり、学校へ行ったり
またまた、家族のために家事をこなしたり。

何気ない生活を送っていると、なんだか、毎日が
ルーティンワークのようになってしまって
決められたことだけをこなしているような感覚になることって
ありませんか?

私は、よく以前にそのような感覚に襲われることがありました。

同じ時間に起きて、同じように朝の家事をこなして
同じ時間に家を出て、同じ電車の同じ車両に飛び乗る。
会社に行って、そう昨日と変わらない仕事をこなして
仕事を終えると、大急ぎで帰って、食事を食べて、お風呂に入って
眠るだけの毎日。

何も、悪くはないのだけど、なんだか「つまらない」
そんな感じをよく感じていました。

つまらないなぁ~と思い始めると。どんどん気持ちも
つまらないなぁ~でいっぱいになってしまって。
「おもしろいことってないかな~」っていつも思っている
そんな事が、よくありました。

おもしろいことないかなぁ~って言う時の心の状態は、
とっても逆説的な言い方ですが、実は、おもしろくないことへ
注目していることになります。
だから、なんだか、気持ちもイライラしてきたり。
いろんなことに批判的になってしまったり、
人にやさしく出来なくて、そんな自分が、ますますイヤになったり

結構、こんな悪循環のループにはまることがありました。

見るもの、聞くもの全部「あれもイヤ」「これもイヤ」
「あんなことも腹が立つ」「これもイライラする」
って、やっちゃってるんですよね。

でも、そんなことをずっと続けてても、ちっともHAPPYに
なれませんでした。
そこで、ちょっと自分で実験をしてみることにしました。

見るもの全て「愛してる」と言ってみようと想ったのです。

ええ・・最初は、バカらしいなぁ~と抵抗もあったのですが。
この歯ブラシを愛してる。この服を愛してる。
このクツを愛してる。この電車を愛してる。
この樹を愛してる。この天気を愛してる。この空気を愛してる
この会社を愛してる。この歩ける足を愛してる。
この同僚を愛してる。この上司を・・思えないけど愛してる(笑)
そうして、この家族を愛してる。

って、1日、ずっと続けていると。
なんだか、涙が出てきそうなほど、胸が温かくなりました。

人の心って、案外、言葉に支配されていることが多くて
使う言葉、想う言葉。などに、影響されることも多くあります。
だから、言葉を変えていく。
意識をしない状態だと、イヤイヤばかりしか出てこないのなら
「今日は、愛してるを言おう」と決める。
たったそれだけで、案外、ご機嫌になれるものなのです。

もし、よろしければ、一度お試しくださいね。


田中三知代のプロフィールへ>>>

思い切って、捨ててみよう。
この季節、年末のお掃除も気になる季節ですね。
私事ではありますが、11月、お引越しをいたしました。
お引越しでの手続きもいろいろ大変だったのですが
一番、大変だったのは「荷物を整理」することでした。

荷物を荷造りする作業では、「これは必要か?」を
考えながら、箱につめていく・・・とっても煩雑。
うんざりすることも、とてもたくさんあって
また、お引越しが完了してからも、荷解きの際に、もう一度
「これは必要か?」を突きつけられるようでした。

必然的に、自分のライフスタイルだったり、自分が何を
大切に思っているのかを考えるきっかけとなりました。

ここは、腰をすえて、色んな物事を整理していく良いチャンスだ!
と思いましたので。
現在の私が「好き」と言うこと「必要だ」と想うこと
「残しておきたい」と明確に意識を持てるものだけを残し
出来るだけ、ものを捨てる作業をすることといたしました。

そうは言いつつも・・・・仕分けをする作業をするとき
「必要なさそうだけど、もしかして使うかも?」
「これは、買った時、高かったものなぁ・・・」とか
色んな想いが、そこには入り込んできます。

明確に、必要なものと必要でないものは
とっても楽に仕分けることが出来るのですが
この「もったいない」「思い出」「使うかも?」「高価」
そうして「頂き物」達がとっても場所を取っていました

それを捨てることを考えたときには、罪悪感を覚えるものが
たくさんありました。
しかし、フト考えてみると、そのものを置き続けていたとしても
それが置いてあるのを見るたびに、
「ああ・・・モノが多いなぁ・・片付けなきゃな~」と
とっても重たい気持ちになることがわかっていました。

では・・・・思い切って、捨ててしまおうでは無いか!
と、決断をしたのです。

捨てるときには、申し訳なさだったり、寂しさだったり
切なさだったり、後悔する気持ちだったり、
切り捨ててしまうような感覚だったり
色んな感情を感じてはしまうのですが。
その瞬間を感じつつ、通り過ぎてしまえば
今まで、押入れの中で、で~んと陣取っていた荷物を見ては
「片付けなきゃ」と思い続けていた重苦しい気持ちとは、
さようならをすることが出来るわけです。

そうして、思い切って、本当に悩むものは、
「保留ボックス」へ入れ。
数日後に、もう一度自分に問う形とし、使わないものは
手放していきました。
リサイクルできるものはして、それ以外は廃棄です。

今までありがとう。と感謝の言葉と共に、うまく使ってあげなくて
ごめんなさいと言いつつ・・・

そうすると、荷物が減っていけば行くほど
自分の中がスッキリしていくのが解り。
保留ボックスに入れていたものも、仕分けが出来るようになり
どんどん「必要と不必要」を見分けることも出来るように
なってきました。

もちろん、捨てて後悔することもあるかもしれません。
だけど、必要なものは、また手に入れる事が出来ると信じて
手放していったときに、心の中は清清しい気持ちで
いっぱいになりました。

自分の中が整理されていく感覚は、とても心地よく
クセになりそうな感じがしています。(^_^)
手放せば、新しいものは入ってくるといいます。
この機会に、みなさまも、思い切って捨ててみませんか?


田中 三知代のプロフィールへ>>>
「休む事」を頑張ってみよう
前向きに生きていこう。ポジティブに生きて行こう
目的を持って、毎日をきらきらと輝かせて生きたい。

そんな風に思いながら、毎日を生きている方々も
多くおられると思います。

私自身、どうやら、じっとしていることが苦手で
色んな人に逢いに行きたいし、そうして、自分の才能を
思う存分発揮できるような仕事を十分したいし
自分自身を表現する為の趣味も、どんどんやって行きたい
アクティブのポジティブに動き回るのが、とっても好きで
どんどん予定を埋めて行ってしまいがちです。

調子よく、次々と用事をこなして、どんどん進んで行っている
ように見えて、あら?いつの間にか・・・・
「やらされている」感じにとらわれてしまったり
なんだか、心がささくれだってしまって、イライラしたり
意味も無く落ち込んでしまったり・・・・

大事に思っている人にもやさしくなれずに居たり
おかしいなあ~と、立ち止まってみることも少なくありません。

ポジティブでパワフルに動き回れるおかげで、たくさんの物事を
片付けることも可能なのですが、その力にひきづられて
ついつい、自分を大事にする時間をおろそかにしてしまう事も
たびたびあったりします。

たくさんやりたいこともある。
そのためにたくさん「やらねばならないこと」もある。
そんな事に、振り回されるツモリはないのだけど
ついつい・・・なんてこともありがちだったりします。

こうして、自分自身のコンディションを見つめてあげることが
出来るようになった分だけ、随分
成長したものだとも思うのですが
でも、昔からのクセでついつい自分自身を振り替えらずに
動き続けてしまっていることがあり反省反省
なんてこともよくあります。

そんな時には「休むことを頑張る」事にしています。

動き回っていないと、なんだか自分には価値が無いように感じたり
焦りが出てきてしまって、自分がふがいないように感じたり
そんな事を感じることもあるのですが
だからこそ、「休むことを頑張る」日を作るようにしています。

緊張も続くと、いつかプッツリと切れてしまうもの。
でも、弛緩をして、そうして緊張をすることができれば
たくさんの力を出す事ができます。

よりよく生きていくために、自分をゆっくり休めてやる。
とても大事な気がします。

頑張って休む日には、1日眠っていたり。
近所の温泉でまったりしたり、マッサージをしにいったり
1日、マンガを読んでいたり、DVDの鑑賞をしたり
とにかく、ぼやぁ~~と過ごすことにしていますし
ぼや~と出来た分「えらいぞ!」と自分をほめていたりします。

明日をよりよく生きるために。
休むを頑張る日は、とっても素敵なアイテムになっています。

日ごろ頑張っている皆様。
心と体が疲れたなぁ~って時には是非一度お試しくださいね。


田中 三知代のプロフィールへ>>>
ご褒美ポイントカードを作ってみましょう
自分でも解っているのに、なかなかやる気が起きなかったり
やろう!と決めて、やり始めたのは良いのだけど
どうも、継続することがなかなかできない・・・
継続できない自分や、なかなか重い腰が上がら無い自分を
ついつい責めてしまって「なんて、ダメな私なんだろう」と
自己嫌悪に陥ってしまったり、「もういいかぁ~」って
諦めの気持ちが出てきてしまったり、そんな事ってありますよね

田中は、この「全国、やろう!を出来ない選手権」と
言うものがあれば、結構いい線へ行くのではないかな?ってほど
決めたことがなかなか行動に移せない人でした。

忙しいから、家事とかしなきゃいけないことがたくさんあるから
そんな言い訳もたくさんありましたが、
そんな自分を変えたいな~と、ずっと考えていたのです。
でも、なかなか、このワナから抜け出す良い方法が
見つからずにいました

しかし、あるときに、フト、読んでいた本に書かれていた事を元に
「自分へのご褒美ポイントカード」を作ってみよう!
と、思いました。

行動心理学を元にした本だったのですが、人間は行動をした事を
認める行動(認知行動)があると、
それが継続しやすいのだそうです。
では、その認知行動を自分で作ってみようというのが狙いです。

まずは、変わりたい状態を設定していきます。
たとえば・・・「ダイエット」だったり「早起き」だったり
「おうちを片付ける」「節約」などでもいいかもしれません。

お仕事に活用される場合などは、営業成績を上げるなどの
目標でよいかと思います。

その目標に沿った「行動」をピックアップしていきます。

たとえば、ダイエットであれば
「間食をしなかったら1ポイント」とか
「30分の散歩で2ポイント」とかの設定をしていきます。

ご自身で、お気に入りのノートを買ってきて
そこに、マスメを書いていきます。ポイントはシールでも
かわいいハンコを買ってきてもいいかもしれませんね。
行動ができたら、1つポイントのマスを埋めていきます。

ポイントが何個溜まったら!これをしてもいい!と言う
ご褒美を設定します。

たとえば。ポイント50個で好きなケーキを3個食べていい!
とか、頑張った自分が喜ぶことを設定してください。

注意は、いっぺんにあまりたくさんの行動設定をしないことです。
無理をせずに少しづつも成功への道になります♪

田中は、ポイントノートを作って、毎日ピックアップした事を
こなしていくと、ポイントが溜まるシステムを作りました。
この原稿を仕上げれば2ポイント加算です(笑)
ポイントは1000ポイント溜まると、マッサージ30分のご褒美です♪

楽しみながら、遊び感覚で自分を変えていくことが出来る♪
自分を加点方式で見ることができますので、自己評価を
高く持つことが出来、自信が持てるというおまけつきです♪

是非、みなさまもお試しくださいませ。

また、詳しくやり方を一緒に考えることも出来ますので
「一緒に目標設定をしてみたい!」と言う方がおられましたら
カウンセリングの中で承ることも可能ですので♪
どうぞ、お申し付けくださいませね。


田中 三知代のプロフィールへ>>>
喜びは、豊かさを引き寄せる
さて、今年の1月より、家計簿を付け出しています。
この家計簿をつけ始めたのがキッカケで、
各種お店のポイントカードやネットで貯めるポイントなどに
興味が出てきました。

夕方、いつも行くドラッグストアーでお買い物をしました。
レジに並び、お支払いをする際に、ポイントカードを提示します。
するとですね。レジから、商品券が出てきました!
こちらのドラッグストアーでは、ポイントが貯まると400円の
商品券と交換をしてくれるシステムになっています。

レジで「ポイントが貯まりました~」と、カードと商品券を
渡してくださる係りの人に、満面の笑みで・・・
「わぁ~い!ありがとぉございますぅ~~~!!!」
と・・・・大喜びで商品券を受け取りました。

私は、ここ最近ポイントカードに凝っているものですから
ポイントが貯まって、商品券がもらえることが
とてもとても嬉しくてワクワクする楽しいことになってます。
しかし、以前の私を振り返ってもそうですが、
ここまで大喜びするお客さんも珍しいだろうな・・・
と、私の中の冷静な1部は、観察しておりました。

そうしてそこで、あ!そういえば、先日カードを忘れて
レシートにハンコを押してもらい2週間以内であれば
ポイント加算しますよ。と言うレシートが
財布の中にはいっていたのを思いだしたのです。

取り出し「これ・・・過ぎてるんですけど大丈夫ですか?」と
聞いてみると、係りのお姉さんは小声で「あっちのレジだと
ダメって言われると思いますが、つけておきますね」
と、こっそりつけてくれたんです。

またまた、これにもオオゲサですが、とっても感激しまして
「わぁ!ありがとぉ!!!」とお礼を言ったんですね。
お姉さんも嬉しそうに、はにかんでくれていました
私もホクホク気分でお店を後にしました。

日常の中にある、本当に些細な出来事なのですが
こんな小さなことが積み重なって、
大きな豊かさを引き寄せることに繋がっていきます。

自分の感情を表現するということは、恥ずかしさを伴いがちです。
でも、ほんの少しの勇気をもって、嬉しい・楽しい・ありがとう!
を、表現することが出来ると、表現してもらった相手も
その感情を受け取って、もっともっとしてあげたくなります。

豊かさの流れは、ハートを開き(感じる・表現する)
受け取り(ありがとう)しっかり味わう(喜ぶ)
人のところへ流れてくるといわれます。
小さな小さな積み重ねから、大きな喜びへ変えていく。
豊かさを呼び込む!皆様も、是非お試しくださいね。

田中三知代のプロフィールへ>>>
潜在意識さんと仲良くなる方法
こんにちは。カウンセリングサービスの田中です。
街には、クリスマス・年末年始を迎えるイルミネーションが
とっても綺麗で気持ちもウキウキしてくるこのごろです。

「潜在意識」と言う言葉、ご存知の方も多いかと思います。
人間の心には、意識できる部分と意識できない部分があるといわれます。
この私達が意識できる、顕在意識と言われる部分は、
実に全体の3~10%だといわれています。
さて、では残りの90%以上が潜在意識と言われるものになります。

まったく意識せずにやってしまっていて、人に指摘されて気づく
自分自身のクセであったり、また、過去のイヤな出来事を思い出し
同じ状況になると、手に汗を握ってしまっていたり。
私達の行動は、潜在意識さんに左右されている部分がほとんどだと
言われています。

しかしながら、今の自分を「変えたい!」
なりたい自分!目指したい自分がある!と思ったときには
この潜在意識さんと仲良くなる必要があります。
そこで、潜在意識さんの特性の1つをご紹介したいと思います。

潜在意識さんは、実は「変化」がとっても嫌いなんです。
人間の体には生命を維持するためにオメオスタシス(恒常性)と
言われるものがあります。
これは、「現状を維持する」働きでもあります。
急激なダイエットをするとリバウンドをしてしまうと言うのも
この恒常性の働きによって「元に戻ろう」とするんですね。
そうして心も同じように変化を嫌います。
ですから、大きな変化をもたらすと、大きな抵抗を生みます。

自分自身が変わりたい!もっと素敵になりたい!と思った時には
まずは、「着地点」を決めます。
なりたい自分を描いてみてくださいね。
次には、「すこしづつ変えていく」ことが必要になります。
「すこしづつ」これが、案外難しいのです。
どうしても、早く到達したくなりますので、焦りや無理が出て
後が続かない。
「ああ・・・やっぱり私って何をやっても長続きしない・・・」
と、言うネガティブなループにはまりがち。

しかし、違うのです。実際は続かない私はダメなのでは無く
「続くやり方ではなかっただけ」なんですね♪
潜在意識さんは変わるのが嫌いなのですから
変わっていることを気づかれないくらいのちょっぴり加減で
すこしづつ変えていくのです。

たとえば!「毎日、早起きして散歩にいく!」と目標を立てた場合
毎日、15分早起きするクセをつけるところからスタートします。
15分早起きを2週間続けたら、30分早起きを2週間続ける。
30分の早起きのクセがついたら、15分だけ散歩をする・・
などなど、すこしづつ良いクセを広げていくのです。

なりたい自分を手に入れるとき、自分にクセをつけること
これが大切な鍵になっていきます。
この小さな意識的に創っていくクセの積み重ねが、なりたい自分の
姿なのかもしれませんね。


田中三知代のプロフィールへ>>>
ご機嫌は伝染病?!
みなさんは、ご機嫌がいい人と悪い人と、どちらがお好きですか?
こんな質問をされたとしたら、おそらく、ご機嫌が悪い人を好き
だという人は、少数派なのではないかと想います。

人間ですから、ご機嫌がいいときもありますし、機嫌が悪くなって
しまうことも、当然あります。

私なども、特には何も無い場合でもおなかが空いた、眠たい。
この2つが重なると・・・ものすごく不機嫌になります。

反対に、この2個を満たしておけば、案外、機嫌良く過ごせるので
私のパートナーさんになる方々は、これは、お付き合いの最初に
必ず伝えておく事項でして・・・
機嫌が悪くなってるときには、この2個を聞いてくださいと
お願いします(子どもかよ?と、必ず突っ込まれますが(笑))

そうして、私の機嫌が悪くなると
「おなかすいた?」「眠い?」と必ず、聞いてくれるようになります。

でも、どうして、そう聞いてくれるのか?
もちろん、私が、それをお願いしていることもあるかもしれませんが
私に機嫌よく、していてほしいからなんですね。
機嫌が悪いと居心地が悪いからなんですね。

一般的に、機嫌の悪い人の側にいると、
とっても居心地が悪いものです。
緊張をしてしまいますし、怒らすのではないか?
何か、失敗をしでかすのでは無いか?と・・・ハラハラドキドキ
空気はぴりぴりして、言葉も少なくなりますし
ますます、緊張状態。

しまいには、「何でそんなに機嫌が悪いのよ!!!」と
怒ってしまいたくなってしまって。余計に関係を険悪にしてしまう
そんなことは、良くあることなのではないでしょうか?

ご機嫌が悪いと、周りにいる人達は、
とっても居心地が悪くなってしまう。

でも、不機嫌な状態の時には、自分が不機嫌であることも
あまり気づかなかったりして・・・「なんでみんな私を避けるの?」
とかとか、「やっぱり私は嫌われてるんだわ!」とかとか
余計に、機嫌が悪くなる思考をしてしまいがちです。
少なくとも、私は、そう想っていた人でした(^_^)

でも、あるとき、フと想ったんですね。

そうか・・・・人間は、ご機嫌が好きなんだなぁ~

私は、ご機嫌でいてくれる人が好きです。
いつも、ニコニコ幸せそうにしてる人と一緒にいると
こっちまで、ニコニコとなってくる。
お話をしてても、お話をちゃんと聞いてくれたり
それでいて、また笑ってくれてたり、違った視点で物事を
見ていてくれたり、明るく肯定してくれたり・・・・
そうしてるうちに、こっちまでご機嫌になってきたり。

問題は抱えたままかもしれないけれど、機嫌は変えれる
そう、想ったときがあったんですね。

もちろん、すごい苦しいのを無理をして、
作り笑いをするのではなくて・・・「まぁ~いいかぁ~」
「考えても、何も変わらないものね」って思えたとき
ご機嫌が自分の中に帰ってきてくれる気がします。

自分がちょっぴり元気が無いときには
ご機嫌な人と一緒にいるようにしています。
そうしてるうちに、ご機嫌が移ってくるんですね。
楽しくなってきます。

反対に、私がご機嫌でいることは・・・私の周りに居る人達への
最大の貢献ではないか?と、想います。

私がご機嫌でいることによって、私のご機嫌を回りに移して
あげることが出来ますから。
私がご機嫌でいることが出来たときには、私の周りには
とってもたくさんの笑顔で満たされる。
ってことは、私も楽しくなってきて、ますますご機嫌♪
こんないいことはない!そう、想うようになってきました。

もちろん、昔には、ご機嫌な人を羨み、嫉妬をして
近づかないようにしていた私がいた時期がありましたが
そんな時だって、羨ましくて仕方がなかったんですよね。
そんな風になりたくて、仕方がなかった自分がいた。

最初はとっても抵抗感があったけれども・・・
ご機嫌な人の近くに行って、どうしたら
ご機嫌で居れるんだろう?を、たくさん観察した気がします
そうして、ご機嫌をたくさん移してもらってるうちに・・・
なんだか、だんだん、私もご機嫌な人になってきたんです。
不思議なんですが・・・・「伝染した」としか
言いようがないなぁ~と想っていました。

ご機嫌でい続けるには、好きなことを好きなようにする。
健康でいる。自分がご機嫌で居れることが何かを探して
そうして、それを探求する。
落ち込んでも、泣いて聞いてもらって、一人で抱えない。
なりたい自分を明確に持つ。きちんとコミュニケーションが出来る
ご機嫌な人からは、こんなレシピをたくさん教えてもらいました。

ご機嫌でいることが、私に出来る最大の貢献であるならば
笑っている私が出来ることは、まだまだ、たくさんあるのかも?
そうして、伝染をたくさん作っていきたいなっ!と・・・
心から想う、今日この頃です(^_^)


田中三知代のプロフィールへ>>>
時間と上手に付き合ってみよう
早いもので、今年ももう折り返し地点を過ぎてしまいました。
30を過ぎたころから、年々、あっと言うまに時間が過ぎていくと感じていましたが。
ここ数年は、時間とのおつきあいが少しづつ解ってきて、毎日が味わい深いものに変わってきたように感じます。


自分自身がいつも感じることなのですが、時間というのは意識をしていても同じ1時間。何気なく過ぎても同じ1時間。
彼や楽しい仲間と過ごす1時間は、飛ぶようなのに、会社でのあくびをかみ殺すような会議で感じる1時間とは、雲泥の差がありますよね!?


私自身、ずっと子どもを育てながら、仕事をし資格を取得してという生活を続けてきましたので、「時間がない!」と言うのが、いつもテーマとしてありました。


もっともっと有効に時間を使いたいと思いつつ。
日ごろ、追い立てられてる分だけ、休みの日には、だらだらと過ごしてしまってお休みの終わるころには、とっても罪悪感を持ってしまって・・・なんだか、とっても後悔してしまったり。


「あれもしたかったのに!これもしたかったのに!! だらだら過ごして!結局何もできてない! ああ!もう8時!明日の用意をしなきゃ~~!! ばかばかわたしっ!」
 ・・・・って感じでした。

 
お休みの日にのんびりと過ごすことが悪いことではないのだけど、せっかくのお休みも、これでは楽しくなくって、なんだか出来てない自分をたくさん責めることだけに使ってしまったように思っていました。


同じお休みで、同じゆっくりとのんびりと過ごす時間であったとしても意識を変えれば、まったく違った感じ方をすることが出来ます。
「今日はのんびりと過ごす日」もしくは、「のんびりと過ごす時間」と決めてしまうと、とってもすっきりと時間が動きだします。


やりたいことと、したいことの棚卸しをして、時間に振り分けることが出来ると毎日がとても簡単に動き出すように感じることが出来ます。


まずは、メモとペンを用意していただいて、自分のしたいことと、やらねばならぬことを書き出していきます。
ここでも、ご自身の心を覗くことができるのですが、自分のやらねばならぬことだらけで、したいことが出てこないと・・・
危険です。心にガソリンや潤いが足りなくなってきて、なんだかイライラしちゃったりしていませんか?


自分のしたいことって案外、求める前から諦めてしまったり、やることをやっていないのに、遊んではいけないと感じがちですが、心の元気を作ることをまず考えるのであれば、「やりたいこと」を優先させることが大切なことになっていきます。


そんな場合にも、このメモを書くという手法はとっても有効になります。


さて、そうして、メモが出来たら、「やりたいこと」に注目!
長期的に考えることなのか?または、数時間で出来ることなのかを考えます。


たとえば、長期のものであれば、資格を取得するとか。語学を学ぶ。楽器を弾けるようになる。などがそれに当たります。
短期のものは、エステやDVDを見る。散歩をする。ジムでエクササイズ。ゆっくりお風呂。などになると思います。


休日の時間を割り振ることを考えるときに、1日の時間を線で表して、目盛りをつけていきます。


 6    8    10    12    14    16    18    20
-+---+---+---+---+---+---+---+-
 ←朝食→←洗濯掃除→←DVD→←昼食買い物→


何時から何時までが、目で見て解りやすいように表示をします。


そうして、朝一番は、必ず自分がしたいことを配置します。
私の場合は、近くのカフェでモーニングを食べに行くのが大好きで、休日の朝の予定はかならず、モーニングとなります(^_^)
朝の一番にお楽しみを持っていくことで、楽しい気持ちで目が醒めます。


したいことを書いていき、「その間」にするべきことを入れていきます。
緩急をつけた内容を組み込んでいくと、とってもリズムが取りやすいです。
時間にメリハリがついて、とっても気持ちが良く過ごせますよ◎


たとえば、1日を全部「何もせずゆっくりする」と書き込んでもかまいません。
予定どおりに行かなくても大丈夫!予定通りにいかなかったときは、次に予定を入れるときには、この項目は、もう少し多く時間を取ろう・・・などなど、次回の参考にしてください。


毎日を、時間に区切りをつけると楽になりますが、最初からは大変なのでまずは、休日から始めてみることをオススメします。


ゆっくりエネルギーチャージと、頑張ってる自分にご褒美をあげて!
次の1週間を、乗り切るパワーに変えていってくださいね(^_^)


田中 三知代のプロフィールへ>>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。